NEW

ヒップアップやぽっこりお腹に効く! 上半身と下半身をつなぐ筋肉、腸腰筋の鍛え方

【この記事のキーワード】

, , ,

 私は、わかりやすく「腸腰筋は股関節の前の筋肉」と説明していますが、正確には、背骨の腰のあたりから、太腿の内側にまでつながっています。

 サッカーでは主にスプリントで足を持ち上げたり、キックで使われたりします。

 ワークアウトのシーンでも、本当に様々な動きを助けてくれる非常に大切なインナーマッスルです。

 また、腸腰筋を鍛えることで、良い姿勢を保ってくれたり、ヒップアップ、ぽっこりお腹の改善、腰痛予防などの効果が期待できます。

 そして、この腸腰筋が硬くなって、柔軟性を失うと…

・身体のバランスが崩れる
・お尻が垂れる
・下っ腹が出てくる
・つまずきやすくなる

 などの悪影響が考えられます。

 では、この腸腰筋、どのようにして鍛えられるのか?

 今日はメニューを2つご紹介していきます。

①レッグレイズ

・うつ伏せで寝っ転がり、背中は地面につけたまま、足を真っ直ぐ伸ばしながら、90度近くまで持ち上げていきます。

・ゆっくりと降ろしていきます。

・足が地面に着く直前で止めて、再度上げていきます。

 この繰り返しです。

 足の付け根の部分から足全体を持ち上げる意識で行うことで、腸腰筋に刺激が入りやすくなります。

 

②ランジ


 写真のように、前足、後ろ足両方がしっかりと90度に曲がっていることが大切です。

 他にも腸腰筋を鍛えていけるトレーニングはたくさんありますが、まずはこの辺りから取り入れてみて頂けると、そこまで負荷も高くなく、やりやすいのではないかと思います。

ヒップアップやぽっこりお腹に効く! 上半身と下半身をつなぐ筋肉、腸腰筋の鍛え方のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ