NEW

ベンチプレスと大胸筋断裂

【この記事のキーワード】

,

昔の話です。

私は昔から全体的にパワーがなく、スクワットもデッドリフトもしょぼい重量しか挙げることができませんでした。そのため、パワーリフターのような凄い重量を扱いたいという思いは、トレーニングを始めて早々に諦めることになりました。

しかし、そんな私でもバーベルベンチプレスだけは特別でした。もう10年くらい前の話ですが、30歳くらいになってもこの種目だけは男のロマンで重量を伸ばそうと頑張っていました。当時扱っていた重量は、かなり頑張って 115kg が数レップ程度でした。私はこの重量で軽々セットができない自分に納得できず、無理やり最大セット重量を 115kg〜120kg にしてトレーニングを続けていました。

そんなある日、最大重量セットのベンチプレスで、最初のレップでバーを切り返すと、左胸の付け根が「ぺりっ」となりました。実際に音が出るほどのものではなかったと思いますが、胸の付け根あたりで「ぺりっ」と引き裂かれる感覚がしました。挙上しながらの出来事だったのでバーを挙げ切ることはできましたが、とても以降のセットができる状態ではありませんでした。フライなど他の種目を試そうとしても痛みで行うことができず、その日のトレーニングは諦めるしかありませんでした。

やがて状態が回復して、また全力でトレーニングできるようになりました。相変わらずベンチプレスの重量に納得がいかない私は、また無理やり最大セット重量を 115kg〜120kg にしてトレーニングをするようになりました。そしてある日、またしても「ぺりっ」となりました。

やがて、また状態が回復して全力でトレーニングできるようになり – (中略) – 「ぺりっ」となりました。

ついに私は学習し、このような無茶なやり方でのベンチプレスはもうやめよう、という結論に至りました。というか、左胸の付け根に違和感が残ってしまい、そのようなトレーニングはやりたいと思ってもできなくなりました。

私の場合、絶対的な重量が大したものではなかったためか、幸いなことに「ぺりっ」となっても痛みが出るだけで、完全に切れることも内出血を起こすこともありませんでした。そのため最初は断裂だとは思わなかったのですが、今になって考えると、どうやら軽い筋断裂を繰り返していたのだと思います。

それにしても、ジムで凄い重量のベンチプレスをする人を見るにつけて、そういう人達は私とは違うのだと感じます。まず、そういう人達は体の厚みが違います。フルレンジであってもバーのボトムポジションが高いので、あまり危ない感じがしません。それに、人によっては筋量だけでなく体の構造が根本的に違うのではないか、と感じることもあります。

あとは、凄い重量を扱っていても、レップレンジをパーシャルに留めて、単純に下まで降ろさずにベンチプレスをする人もよく見ます。個人的にはそこまでして高重量のベンチプレスをしたいものかと思いますが、私のように怪我をするよりは賢い選択かもしれません。

 

ベンチプレスと大胸筋断裂のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ