NEW

こんなフロントランジはNG!

【この記事のキーワード】

,

こんにちは!

Reborn TrainerのTAKEです!

 

今回は、TVなのか何かで見たのかわかりませんが
最近、24時間ジムなどでよく見かける、フロント(フォワード)ランジを
やっている人のフォームについて、
「こんなフォームはNG!」を
お伝えしていきたいと思います✌︎(‘ω’✌︎ )

そもそも、なぜフロントランジをするのか?
それを知らず、なんとなくやっている人が多いような気がします。

あ、、、決して、フロントランジがダメとか
そういうことではないです!

むしろ、どちらかと言ったら
スクワットなどと同じくらい
ランジ系の種目は大切だと
思っているので、
自分自身のトレーニングはもちろんですし
担当させて頂いているお客様にも
行っていただいています。

フロントランジの主な目的は、人間本来の
「動作パターン」を思い出す(取り戻す)ために行います!

人間は、知らぬ間に自分で歩きやすい歩き方や立ち方、座り方になり
筋肉のあちこちに筋拘縮 (筋肉が硬くなっている状態)が起こります。
筋拘縮が起こると、動きに左右差が生じます。

左右差がひどくなると、当然ながら
歩き方や立ち方、座り方に”クセ”が生じます。

その結果、筋肉を使う割合いに差が出てきてしまい
筋肉が発達している箇所や逆に筋肉量が少なく
脂肪がついてタルんでしまっている箇所が出てきてしまうと
言う訳です。

これらの動作が全て、知らぬ間に作られてきているので
その動作を正しく戻しましょう!と言うのが
いま説明しました、動作パターン(の修復)となります。
そして、今回は「フロントランジ」に焦点を絞りご紹介していきます。

ご紹介内容は、前半にNGフォームをご紹介。
後半にOKフォームをご紹介していきます!

 

それでは早速、本題です!

 

[こんなフロントランジはNG!]

 

①踏み込んだ膝が内側に入っている。

 

 

このフロントランジを続けてしまうと
膝の外側にある「外側側副靭帯」を痛めてしまう
危険性があるので注意しましょう!

 

②膝が前に出てしまっている。

 

つま先に重心が乗りすぎてしまっている。

 

このフロントランジをしてしまうと
膝の表面にある「前十字靭帯」を
痛めてしまう危険性があるので
注意しましょう。

 

主に、この2つのフォームエラーが非常に多いです!

 

OKフロントランジ

 

①ーA 真っ直ぐ立ちます。

 

②ーA つま先よりも前に膝は出ない。

 

①ーB 真っ直ぐ立ちます。

 

②ーB 膝が内に入らないようにします。

 

NGフォームと見比べると全然違うのが
わかるかと思います。

せっかく健康のためにトレーニングをやっていても
怪我をしてしまっては何もならないので
トレーニングをする際は
フォームを第一優先に考え
行うようにしてみてください( ^ω^ )

 

それでは今回はここまで♪

本日も皆さまとって良い1日になりますように☆ミ

こんなフロントランジはNG!のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ