NEW

ランニング中に意識するポイントは「手のひら」

【この記事のキーワード】

, ,

 ランニングで非常に重要なポイント!

 特に、後から疲れを感じにくくするためにも大事なのが【リラックス】です。

 もちろん、ウォーキングも一緒です。

 個人差はありますが、ランニング中は結構、力みがちです。

 肩甲骨周りや肩周りを無意識にロックしています。

 私もランニング後は、凝ったり張った状態になっていることがしばしばあります

 そこで、意識するといいのが【てのひら】です。

 手をぐっと握ってしまと、どうしても身体全体に力が入ってしまいます。

 たとえば、スポーツを応援している時や、大きな声を出そうとする時、パッと手をみたら、握り拳だったり、手汗をかいていたり…

 そんなご経験はないでしょうか?

 「手に汗握る」なんて表現もありますよね。

 手の動きと身体って、連動しているんです。

 ですので、逆にてのひらを軽く握るくらいの状態にしてあげることで、リラックスしてランニングすることができます。

 ランニングがちょっときつくなってきたなぁと感じた時、肩周りが凝るなぁと感じた時は肩を2、3度回して、筋肉を動かしてあげながら、手のひらに少し空洞を作ってあげるように意識してみて下さい。

 リラックスして走ることができると、ランニングもより一層、気持ちいいですよ!

ランニング中に意識するポイントは「手のひら」のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ