NEW

五大栄養素・ビタミンの働き

【この記事のキーワード】

,

 こんにちは! パーソナルトレーナーの阿部です!

 本日は、五大栄養素の1つであるビタミンについてお話ししたいと思います。

 五大栄養素とは、三大栄養素(タンパク質、炭水化物、脂質)にビタミン・ミネラルの2つを含めた総称です。

 主にエネルギー源となるのは三大栄養素ですが、エネルギーを上手く活用したり、代謝する働きはビタミンの作用になります。

 どれだけエネルギー源を取っていても、それを活用できなければ意味がありません。

 エネルギーを代謝してくれるビタミンですから、ビタミン不足=エネルギー不足であり、身体に力が入らなくなります。

 つまり、ビタミンはカロリーと共に摂取する事が必須となるわけです。

 それではビタミンの種類を見ていきましょう!

 

【ビタミンの種類】

 ビタミンの種類は大きく分けて2つ!


〇水溶性ビタミン‥ビタミンB群+ビタミンC

 水溶性ビタミンの特徴は、水に溶けやすい事。これは、尿に溶け出すということを意味します。つまり、水溶性のビタミンは取りすぎても過剰摂取にはなりにくく、尿として排泄されます。

 摂りすぎて問題になる事は少ないのですが、体内に貯めておく事が出来ません。そのため、水溶性ビタミンは毎日の摂取が必要です。少し面倒な所がありますよね。


〇脂溶性ビタミン‥ビタミンA(D)(E)(K)

 脂溶性ビタミンの特徴は、水に溶けにくいという事。尿として排泄されにくいので、体内に貯蓄しておく事が出来ます。

その為、毎日の摂取が必要では無くなります。

 逆に悪い点は、過剰に摂取する事で健康を害するリスクがあります。それぞれの良い点と悪い点があるので摂取の仕方には気を付けるべきです。

 それではビタミンにどんな作用があるのか、複数の例を挙げて説明します。

 

【ビタミンB群】

 ビタミンB群は群というぐらいですから、一つではありません。その数は8つあります。この全てを含め初めてビタミンB群と呼ぶ訳です。

ビタミンB群の主な作用…糖質の代謝・タンパク質の代謝・脂質の代謝

 エネルギー源となる栄養素の『「代謝」全てに関わる重要な役割を持ちます。この働きは命に関わると言っていいほど大切。

 そしてビタミンB群は、水溶性ビタミンに分類されます。

 過剰に摂っても貯蓄する事が出来ませんから、毎日摂取する事を心がけましょう!

 それではもう一つ。脂溶性ビタミンに分類されるビタミンDについて簡単に説明します。

 

【ビタミンD】

 ビタミンDはの主な作用…骨の強化

 骨を頑丈にする為にはカルシウムだけで無く、ビタミンDも必要なのです。

 摂取方法としては食事からだけでなく、体内で生成する事もできます。そのためには、日を浴びる必要があります。

 健康的な身体作り頑丈な骨格を作る為には日光浴をオススメします!

 ちなみに、ビタミンDを多く含む食材はこちら。

 魚やきのこに多く含まれています。

 また、きのこに含まれるエルゴステロールはビタミンD前駆体であり、日光を浴びる事でビタミンDが生成されます。

 ビタミンDが豊富なきのこや魚をしっかり摂り、怪我のしにくい頑丈な身体を作りましょう!

 

阿部 陸/Abe Riku
フリーのパーソナルトレーナーとして活動中!累計1000人以上のお客様を指導/筋トレダイエット初心者の味方初心者マーク/座右の銘右指差し『筋肉は最高のお洒落である』/寝ている間も筋肉の事を考えている”筋肉マニア”です。
Twitter @AbeRiku1

五大栄養素・ビタミンの働きのページです。筋トレしようぜ!は、食事、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ