NEW

ビジネスマンと筋トレの関係性

【この記事のキーワード】

ビジネスマンと筋トレの関係性の画像1

こんにちは!営業マン兼パーソナルトレーナーのMASAHIROです。

え、営業マン?なのですか?営業マンってなんか関係あるの?


って思った人がほとんどでしょう。


私の個人的な意見ではありますが、営業マンは筋トレすべきだと思いますし、

めちゃくちゃ筋トレにハマる可能性が高いと思っています。


今回はビジネスマンと筋トレの関係性についてお話しします。

なぜビジネスマン×筋トレ?


結論からお話しすると、以下の点からオススメしています。


・商談時に有利

・普段の仕事に活きる


主にこの2つが私のおすすめする理由です。

自分はまだまだ鍛え上げられたとまでは言えませんが、


少なからず、筋トレをしていなかった時よりは

遥かに仕事のパフォーマンスが良くなっています。

 

商談時に有利


営業マンとして最も大事なものは第一印象と言っても過言ではありません。


人は見た目が9割という本がありましたが、印象は視覚からキャッチされます。

また第一印象は会ってから2、3秒で判断されます。


第一印象を何で判断しているか、


それは〈信頼感〉です。


果たして、この人に任せていいのだろうか。ということですね。


想像していただければ簡単ですが、


ガリガリでいささか弱そうな雰囲気の営業マンと、

体育会出身で胸板の厚みがスーツからわかる営業マン


安心感や信頼感が生まれるのは圧倒的後者ですよね。

同じ商材を販売していたとしても、後者から買いたいという人の方が多いでしょう、


筋肉は第一印象を良くするアイテムであり商談も有利にします。

普段の仕事に活きる


営業マンであれば百も承知だと思いますが、数字が命になりますよね。

売り上げ金額、件数の目標KGIを定めるためにKPI言わば目標達成までのプロセスを作成します。


例えば、1件の受注を得るのに、3商談。3商談するためには4アポ、4アポ取得するためには100件コール。


実はこの部分、物凄い筋トレと似ている部分があります。減量もですけど。


体重を5kg落とすためには、何キロカロリー消費が必要で、、、

筋肉を増やすためには糖質とタンパク質を、、、PFCバランスを


といったように目標達成までのプロセスを趣味の筋トレで訓練されます。


これから営業マンになる、目指すという方は練習にもなりますし、

今、営業をされている方であれば、むしろ筋トレを効率よく行えて、更に楽しくなるはずです。

 

まとめ


いちビジネスマンであるのであれば是非、筋トレに挑戦してみてはいかがでしょうか?


アメリカの多くのビジネスマンだけではなく、有名企業のCEO、それにあのバラク・オバマ大統領も朝の時間をつかって筋トレをしていました。


筋トレをすることによって新たな発見であったり、仕事で達成率向上に繋がるかもしれませんね。


それでは、良い、筋トレライフを!

ビジネスマンと筋トレの関係性のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ