NEW

筋トレを続けていると骨が強くなる

 

みなさん、こんにちは!

パーソナルトレーナーの坂口です。

筋トレが強化するのは・・・

筋肉だけではありません。筋トレは骨も強くします!

中高年になると骨粗しょう症の予備軍が増えてきています。

骨がスカスカになって骨折しやすくなるのが骨粗しょう症。骨粗しょう症は骨の老化そのものですが、筋トレは筋肉を鍛えるだけではなく、骨を強くして骨粗しょう症を防ぐ働きがあるのです。

まず、骨についておさらいです。骨は人体のフレームの役割を担っており、建物でいうなら構造材に担当します。骨つくりは、タンパク質をつくられた線維状の基本構造に、カルシウムやマグネシウムといったミネラルが硬く結晶したもの。建物の柱にたとえてみると、タンパク質が鉄筋であり、ミネラルがコンクリートに相当します。

骨も筋肉や皮膚と同じように新陳代謝をし、破骨細胞が骨を少しずつ分解し、その分を穴埋めするように骨芽細胞が骨を合成しています。これをリモデリング(再構築)といいます。

 

骨粗しょう症の予防のためには・・・

カルシウムやマグネシウムなどのミネラルの摂取が有効だといわれています。日本人はカルシウムとマグネシウムが不足しがちですが、ミネラルをいくら摂ってもそれだけではダメです!!!

摂ったカルシウムなどが骨にスムーズに摂り込まれるには、運動による刺激が欠かせないのです。

とくに、筋トレやランニングで骨に圧力をかけると、骨がマイナスの電位を帯びる圧電効果が起こり、プラスの電位を帯びたカルシウムが骨に定着しやすくなります。

また、筋トレによって分泌される成長ホルモンを介して生じる IGF-1 は、骨も成長させてくれます。肉類や魚介類などから骨の材料となるタンパク質を採りましょう。

筋トレを続けていると骨が強くなるのページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ