NEW

スクワットが上手に出来ない人は、まず◯◯から始めよう!

【この記事のキーワード】

,

こんにちは!

Reborn TrainerのTAKEです!

 

今回は、筋トレの中でも
代表的な種目!
”スクワット”が上手に出来ない!と
言う人に向けて上手に出来るようになる方法をご紹介していきます✌︎(‘ω’✌︎ )
※スクワットをしていて効いているかわからない!と言う人も該当しますw

 

それでは早速ですが
皆さんは、スクワットをしていて
どの辺りが上手に出来ない!と言う不安があるのでしょうか?

具体的にどこ?となると
意外と難しいものですよね…^ ^;

 

僕の経験上、
上手に出来なく不安に感じている方は
恐らく”最初の動かし方”かと思います。

 

多くの方は、”膝関節”から動かしてしまいがちですが、
本来は股関節から動かします!

 

詳しくは、過去に”分離と共同”といった
各関節の役割(モビリティ関節とスタビリティ関節)の
記事があるので、
そちらをご覧いただけましたら幸いです。

 

ですので、スクワットで言うとこのような順番となります。
①お尻を後ろに引く
②腰を落とす
③股関節が曲がり自然と膝が曲がってくる

 

トレーニングで一番大切なところと言うのが
動かし始め=いわゆる”初動”です!

 

この初動がズレるだけで、トレーニング効果は
半減してしまいます((((;゚Д゚)))))))

 

人間のカラダには”機能”と言うものが存在しています。

“機能”と聞くと難しく聞こえてしまうかもしれないですが
簡単言うと「基本動作」となります。

人間と言うのは、
基本、モビリティ関節である、肩関節と股関節から動かして
立ち上がったり歩いたり階段を登ったり降りたりしています。

それが、いつの日か肩が動かなくなり、極度に腕の振りが大きくなってしまったり
逆に腕の振りが小さくなり過ぎてしまったり、歩く時なども股関節が動かず
膝関節を使ってしまったりしています。

それが気付かない内に、肩や膝、股関節に負担が蓄積され軟骨がすり減ってきてしまいます。

軟骨がすり減ってくれば、当然ながら痛みが発生されます。

健康の為に筋トレなどのトレーニングをしているのに、
(筋トレやランニングなどの)フォームが崩れたまま続けてしまっていると
気付かないところで、自分のカラダを自分で蝕んでいた!ということになります。

そうならない為にも、今回はスクワットを例に覚えて頂ければと思います♪

 

それでは本題ですが・・・

 

スクワットが上手にできない人が
まずやるべき種目!

 

それは、ルーマニアンデッドリフトです!
ヒップヒンジ動作を主に使う種目となるので
スクワットが上手に出来ない人や自信のない人は
是非、このルーマニアンデッドリフトを行ってみてください♪

 

理由は、先ほどと重複してしまうのですが、スクワットの初動は
お尻を後ろに引くことです。

ルーマニアンデッドリフトも初動はお尻を引きますので
動作自体はとても近いので、バーベルなどのウエイトは不要なので、
是非、最初にルーマニアンデッドリフトを行ってから
スクワットを行ってみてください(*゚▽゚)ノ

 

過去に「美尻になるためには絶対必要?ヒップヒンジのやり方」と言う
動画を配信しているので、よろしければこちらも合わせてご参考頂ければと思います!

 

それでは、今回はここまで♪

今日も皆さんにとって良い1日になりますように☆ミ

スクワットが上手に出来ない人は、まず◯◯から始めよう!のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ