NEW

ランニングのケイデンス(回転数)について

【この記事のキーワード】

, ,

 ケイデンスとは、回転数のことです。

 自転車競技で意識されることが多いですが、ランニングにも、ケイデンスで意識するとよいポイントはいくつかあります。

 一般的には【180spm】が理想的と言われています。

 これは【1分間で180歩】という意味です。

 60秒で180歩ですから、1秒で3歩、ということになります。

 先日お話しした、ランニング時のペースの作り方で、「イッチ、ニ、サン」のテンポもおすすめ、とお伝えしたのはこのためです。

 ここまでは、一般的な話しとして…

 ケイデンスを気に過ぎてランニングがストレスになってしまうのも、それはまたそれでどうか、というのが私の考えです。

「目安が欲しい!」という方には、180spmは一つの目指すべき指標でいいかと思います。

「ケイデンスまではあまり意識してランニングしたくない…」
「けど、ただ走るのはちょっとしんどい…」

 という方には、まず、ご自分が大きなストライド(スタンス・一歩)でランニングする方が得意なのか、それとも小さなストライドでのランニングが合っているのかを知るのはいいことだと思います。

 専門的な言葉で表現すると

◯大股での走り方をストライド走法(ロング・ストライド)
◯小股での走り方をピッチ走法(ショート・ストライド)

といいます。

 マラソンの選手にも、やはりタイプがあるようで、参考までにオリンピックで金メダルも獲得されている、高橋尚子さんの走り方は、ピッチ走法だそうです。

 最後に、それぞれの走り方のメリット、デメリットをまとめてみます。

◯ストライド走法

メリット
・速く走ることができる

デメリット
・怪我のリスクが高くなる
・筋力・柔軟性が求められる

 

◯ピッチ走法

メリット
・身体への負担が少ない
・スタミナが持ちやすい

デメリット
・スピードが出にくい
・タイムを求めると、体力を奪われ安くなる

 ぜひ、参考に楽しくランニングを継続できる方法を探してみて下さい!

ランニングのケイデンス(回転数)についてのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ