NEW

前鋸筋の解剖学

【この記事のキーワード】

, ,

 

 こんにちは! パーソナルトレーナーの阿部です!

 本日は前鋸筋についてお話しします。

 前鋸筋と聞いて、パッとどういった筋肉なのかを説明できる人は少ないと思います。

 前鋸筋というのは、脇の下にあるギザギザしている筋肉です。

 その名前の由来は、ノコギリの形状をしているからだと言われています。

 そのため、「鋸」という感じが使われているのですね。

 前鋸筋は、肋骨から肩甲骨に向かって走行しています。

 つまり作用は、肩甲骨と肋骨を動かすことです。

 もっと専門的に説明すると、前鋸筋は第1肋骨〜第9肋骨から始まり、肩甲骨の内側縁(内側のふち)に向かって停止します。

 その際に、肩甲骨の内側を通り、内側縁に付着するというのがポイントです。

 簡単に説明すると、肩甲骨の裏を通る=トンネルを潜るイメージです。

 肋骨の前面から始まった前鋸筋は写真黄色の位置から肩甲骨の下を通り、赤の位置へと付着します。

 肩甲骨という名のトンネルを通るわけですね。

 この前鋸筋の位置関係を見れば、作用も大体予想が出来るのではないでしょうか。

 前鋸筋の作用は、肋骨が固定されているか、肩甲骨が固定されているか、で変わってきます。

 例えば肋骨が固定されていれば、前鋸筋が収縮すると肩甲骨が動きます。前方に肩甲骨がスライドするんですね。

 これを肩甲骨の外転と言います。

 これが前鋸筋の1つ目の働きです。

 もう一つのパターンは、肩甲骨が固定されている場合です。

 肩甲骨が固定されている状態で前鋸筋が収縮すると、肋骨が上方へ持ち上がります。

 これを肋骨の挙上と言います。

 肋骨が挙上されると胸郭が広がり、酸素がたくさん入ってくるので、呼吸がしやすい状態になります。

 ですから、前鋸筋は呼吸筋でもあるのです。

 このような働きが前鋸筋にはあります。

 次回は前鋸筋のトレーニングについてお話しします。

阿部 陸/Abe Riku
フリーのパーソナルトレーナーとして活動中!累計1000人以上のお客様を指導/筋トレダイエット初心者の味方初心者マーク/座右の銘右指差し『筋肉は最高のお洒落である』/寝ている間も筋肉の事を考えている”筋肉マニア”です。
Twitter @AbeRiku1

前鋸筋の解剖学のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ