NEW

なぜ痛風になるのか?

【この記事のキーワード】

,

こんにちはトレーナーのTAKAです。


今回は痛風について記事を書かせて頂きます。


痛風といえば

男性に多く、贅沢病と言われがちですが、


実際のところ

発症する割合として高いのは

・30-50代男性

・肥満体質

・お酒(ビール)を大量摂取

・肉類をよく摂取する方

・家族に痛風の人がいる方


が割合として高く


やはり食事でプリン体を多く摂取することで尿酸値が上がり


尿酸が体内に蓄積されると

尿酸の結晶ができます。(尿酸塩結晶)

それが体のさまざまなところに沈着していくと

例えば

尿酸塩結晶が皮下に沈着すると

→痛風結節

関節内に沈着して発作を起こすと

→痛風関節炎

これらは痛みがとても強いです。

食事でプリン体を多量に摂取してしまう→尿酸値が上がり→ 尿酸塩結晶が出来てしまい→それらが皮下や関節内に沈着すると→激しい痛みになる。


それらを改善する為の食事の取り方が重要になってきます。

もっと踏み込んだ内容は次の記事で記載したいと思います。

なぜ痛風になるのか?のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ