NEW

女性の味方ローズヒップ

【この記事のキーワード】

こんにちわ。パーソナルトレーナーの美智子と申します。

今回は女性にぜひオススメ食材『ローズヒップ』についての投稿です。

ぜひ参考にしてみてくださいね^_^

ローズヒップとは?

ローズヒップは、“ドッグローズ”というバラの品種から採れるハーブで、偽果(ぎか)からタネを取り除き、乾燥させた状態で販売されています。

ローズヒップにはビタミンCが豊富に含まれ

その量はレモンの約20倍以上ともいわれ、「ビタミンCの爆弾」という別称がつくほどです。

ビタミンC以外の栄養分もたっぷり。

真っ赤な小さな実に、沢山の栄養素がたっぷり含まれています。

 

ローズヒップに含まれる栄養素


・ビタミンC→レモンの約20倍

・ビタミンP

・ビタミンE

・ビタミンA→ほうれん草の約2倍

・ビタミンB1・B2

・食物繊維

・鉄分→ほうれん草の約2倍

・カルシウム牛乳の約8倍

・ポリフェノール→ほうれん草の2倍

・リコピン→トマトの約8倍以上

・βカロテン→トマトの約20倍以上

・マンガン→わかめの約2倍

・ナトリウム

・ペクチン

・フラボノイド


コラーゲン生成に欠かせない豊富なビタミンCが、シミ・シワをできにくい肌へと導きます。


抗酸化作用のあるビタミンAとビタミンEも含まれており、肌のターンオーバーを促進。


ビタミンEには紫外線から肌を守る効果もあります。


ペクチンという食物繊維が豊富に含まれているので、便通がよくなり、便秘でお困りの方は解消できるというのです


女性ホルモンの一つである黄体ホルモンの材料になるのが、ビタミンE です。


ビタミンE は女性ホルモンのバランスを整え、生理痛の軽減や月経トラブルの改善などに役立ちます。


またビタミン・カルシウムにはストレスを抑える効果があり、生理時のイライラ軽減にも効果的です。


豊富な鉄分は貧血予防に効果を発揮するとともに、コラーゲンの材料にも役立ちます。

豊富なビタミンCが、疲労の回復を早めてくれます。


また免疫力・殺菌力を高める栄養分も豊富。


風邪予防にも効果を発揮し、体内の新陳代謝もよくしてくれます。


豊富に含まれているカルシウムが、骨を丈夫にしてくれます。


利用作用のあるペクチンやフラボノイドにより、むくみを改善するだけではなく、体内の老廃物を排出するデトックス効果も期待できます。


市販のローズヒップティーの多くは、ほかのハーブをブレンドしています。


特にハイビスカスはローズヒップと相性がよく、ブレンドに使用されることの多いハーブです。


オススメです。プレーンヨーグルトにローズヒップティを抽出した後のカップに残った実と蜂蜜と入れて食べてみて下さい☆

充分にローズヒップのエキスが抽出された後の残った実。

なので、カップの底やティポットに残ったローズヒップの実は絶対に捨てないで、


ヨーグルトに入れて食べたり、蜂蜜漬けにしてジャムのようにして使ったり、お砂糖をかけてそのまま


カップの中で練り混ぜて食べたり、なんでもいいのでとにかく残さず食べて下さい!


食べないと勿体ないです

Pick Up

女性の味方ローズヒップのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ