NEW

筋トレで体が変わる人の共通点

【この記事のキーワード】

FitNest登録パーソナルトレーナーの荒木です。

今回は体が変わる人となかなか変化がない人の違いを書きたいと思います。  

筋トレを始めたばかりの初心者でしたら、

最初はどんどん筋肉とついていきます。

しかしある程度トレーニング歴が長くなってくると筋肉がなかなかつかなくなってくるのは避けては通れません。

 

大体筋トレを始めて2〜3年でしょうか。


この辺りから取り組み方によって筋肉がついていくかいかないかの差が出てくるように感じます。


会うたびに筋肉がついてるようなマッチョ達と会ってきましたが、笑

そのような人達の共通点を見てみましょう。

 

①タンパク質摂取の量が多い

体の大きいマッチョ達はやはりタンパク質摂取の量が多いです。

炭水化物が取れていれば体重×2g程度で良いとよくいわれるのですが、デカい人達はタンパク質を体重×3gくらい平気で取っています。

しかも肉・魚・卵などの固形物がメインで。


なかなか体が変わらないという人はこのくらい取ってみるのも良いかもしれません。

 

 

②ベーシックな種目をやり込んでいる

体が変わらないと嘆いている人は、メニューを見直してみましょう。

YouTubeで見た変わった種目やマシンでのトレーニングが中心になっていませんか?

 


デカい人たちはバーベルやダンベルなどのベーシック種目をひたすら行なっています。

少しマニアックな種目を行っているようでしたらまずはベーシックな種目中心の構成にしてみて様子を見てみましょう。

③ 強度の高いトレーニングを行なっているか

最近はあまり追い込みすぎず、ボリュームを管理して各部位の頻度を上げる方が良いという考えも出てきましたが、デカいマッチョ達は一回の追い込みが凄いんですよね。笑

ボリュームを管理するという考えを否定するわけで全くありませんし、僕もそのやり方は試して効果を感じています。

しかし追い込まないというのをいいことに強度の低いトレーニングにならないように注意したいところです。

まずは初心に帰って正しいフォームで強度の高いトレーニングができているか。

これを徹底してみましょう。

Pick Up

筋トレで体が変わる人の共通点のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ