NEW

反り腰と呼吸の関連性

【この記事のキーワード】

,

皆さま、こんにちは!

パーソナルトレーナーの斉藤大知です。

今回の内容は、反り腰と呼吸の関連性についてお話しさせて頂きます。

女性に多い反り腰ですが、呼吸筋である横隔膜の可動性と多いに関係しています。

反り腰の人は、肋骨が開いてしまっている人が多いです。

90°以上開いている場合をリプフレアと言います。

このリブフレアが起きると、肋骨周りにドーム状についている横隔膜が収縮しにくくなるので、呼吸エラーが起きやすくなります。

呼吸は1日に2万回近く行う大切な運動です。

こ横隔膜がうまく働かないと、常に胸式呼吸優位になったり、常に交感神経優位になったりという呼吸がうまくいかないがゆえの支障が起きます。

反り腰の改善方法としては、オーソドックスなのがもも前の硬さをほぐしてあげることが大切になります。

しっかりとストレッチをしてケアしましょう。

横隔膜の可動性の確保はとても大切です。

今回の内容は以上となります!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

__________________ 

筋トレやダイエットの方法など、有益な情報をSNSで配信しています!

お気軽にフォローお願いいたします^_^

パーソナルお問い合わせは、公式ラインよりお願い致します♩

——————————————————–

●youtube

https://www.youtube.com/channel/UC6X-uUhLVhyaD3lBE9DRh4A


●Instagram

https://www.instagram.com/daichi__fit/?hl=ja


●公式ライン

http://bit.ly/2VlCKOA


●Twitter

反り腰と呼吸の関連性のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ