NEW

必須アミノ酸でなくても「グルタミン」は重要!

【この記事のキーワード】

,

 トレーニングに励む人にとって、コンディションの維持はとても大切ですよね。

 筋トレしてしっかり筋肉つける為にサプリメントを活用する際、一番メジャーなのはプロテインだと思いますが、BCAAやEAAなんて名前も聞いたことがあるかもしれません。

 そこらへんは以前の記事もご参考に。

「グルタミンもよく名前を聞くけど、何なんだろう?」という方に、今回は簡単に説明していきたい思います!

 

筋肉中のアミノ酸の60%を占めるのがグルタミン

 ハードにトレーニングすると、身体は疲労修復の為に体内のアミノ酸を大量に消費するのですが、そこで主に使われるのがグルタミンです。

 筋肉中のアミノ酸全体の約60%を占めており、非必須アミノ酸ではありますが、ハードトレーニング等で多く使われると不足してしまいます。

 

非必須アミノ酸だけど重要

 先ほど書いた通り、グルタミンは体内で作ることが出来るので、非必須アミノ酸です。

 それに対し、体内で合成できないため、食事なりで外部から摂らなくてはならないものが必須アミノ酸になります。

 必須アミノ酸の全9種類がEAA、さらにその中から筋肉作りに特に役立つと言われるアミノ酸3種類がBCAAです。

 グルタミンは非必須アミノ酸のため、それほど重要なアミノ酸ではないと思われてしまうかもしれませんが、多くの量を必要とし、特にハードにトレーニングに励む方には体内の合成だけでは不足しがちなので、必須アミノ酸同様に外部からの摂取も推奨され、準必須アミノ酸とも言われます。それだけ重要なアミノ酸ということですね。

 

体調管理にはグルタミン

 主に胃腸のエネルギー源として活躍するグルタミン、胃腸のコンディションが崩れると栄養も正しく取り込めないですし、免疫機能が落ち風邪を引きやすくなったり、体調を崩したりする可能性が高まります。

 筋肉をつけるために直結するプロテインやBCAA等も勿論大事ですが、体調を崩してはトレーニングも充実しません。

 怪我の修復やストレスでも多く消費するので、トレーニングに励む方だけでなく、一般の方のコンディション維持や健康増進の為にも摂っておいて頂きたいサプリメントです。

 

トレーニング後、プロテインより先にグルタミンを

 トレーニング直後にプロテインを飲む方も多いと思いますが、直後は消化の必要がないグルタミンを摂り、15分程度空けてからプロテインが良いと言われています。

 直後にプロテインを摂ると、まだトレーニングで使った血液が胃腸に戻ってきていない状態なため、効率的に胃腸が働いてくれず、胃もたれを起こしたりすることもあります。少し時間が経ち、副交感神経が優位になった状態のほうがプロテインの消化吸収には良いようです。

 なので、直後はまずグルタミンを摂りましょう

 それと、グルタミンには筋肉の合成や異化の抑制の作用もあるので(筋肉をつける、落ちるのを防ぐ)、筋力アップの為にも良いと思います。

 何しろ全体のアミノ酸の約60%を占めている位ですから、重要なのは当然ですね。

 

無味無臭で飲みやすい

 顆粒タイプのサプリメントはアミノ酸の他様々ありますが、味にクセがあり、飲みにくいものも結構あります。

 その点、グルタミンはほぼ無味無臭なので、飲むときにストレスがかからないです(笑)。

 他のサプリメントと混ぜても邪魔しないので、気軽に取り入れやすいと思います!

 トレーニングに健康に、是非グルタミンを上手に活用しましょう!

必須アミノ酸でなくても「グルタミン」は重要!のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ