NEW

身体が重いのは、泳ぎ方や技術が悪いのではない!!その理由は・・・

【この記事のキーワード】

,

水泳元オリンピック代表の森隆弘です。

今でも泳ぎの技術チェックをするために
泳ぐことがありますが、水に入った時に
身体が動くときと身体が重くて
全く動かない時があります。


僕が、感じた身体が軽くて動く感覚と
重くて身体が動かない感覚は
*NAME*さんも経験ありませんか?


この身体の状態で練習をしたり
技術チェックをしても最初の時点で
身体が動かないのでメンタル的にも
「良くなった!!」という気持ちには
ならないかなと思います。


それを感じた時に思ったことは
「泳ぐ前に身体が軽く動ける状態を
確認出来たら良いのに・・・」と
考えました。


久しぶりに何でも試して、それを全て
経験に変えたい願望の強い森の性格で(笑)
色んなことを試しました。


その試した中で2つの
チェック方法を見つけました。


そのやり方は簡単です。
~~~~~~~~~~
1.腕立て伏せ
(膝を着いてもOK)

2.懸垂
(回数は関係なし)
~~~~~~~~~~
この2つの動作を行う上でチェックして
頂きたいことは・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◯→腕を伸ばしたり曲げた時に軽く感じる

×→◯の状態の反対で伸ばしたり
曲げた時に重さを感じる
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
軽く感じた時は、水中練習もよく身体が
動いて凄く調子が良いです。


しかしながら身体が重い時には
水をかいていてもスカスカするし
身体が沈んでるし・・・で
試合当日だったら最悪の状態です。


僕が体験して身体が重くなる原因として
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
×体重増加

×不規則な食生活
(ファーストフード・お菓子
外食し過ぎで塩分の取り過ぎ)

×浮腫み

×睡眠不足
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
などが上げられます。


調子が、なかなか上がらない時は、
最初にお伝えした腕立て伏せと懸垂で
身体の確認をチェックして頂いてから
原因の見直しをして頂けたらと思います。

身体が重いのは、泳ぎ方や技術が悪いのではない!!その理由は・・・のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ