NEW

死に密接する社会および行動要因

【この記事のキーワード】

こんにちは!
美姿勢トレーナーの和希です!

今回は

死に密接する社会および行動要因
についてです。
どんな出来事が知らずに自分自身の身体と心を蝕むのか把握しておくだけで
自分自身の身体と心を救う手立てになると考えています。


57の社会行動要因を分析
要因を分析した結果、喫煙 離婚 アルコール乱用が脂肪にもっとも関連する
要因であることが明らかになった。

研究者は米国民を代表する米国健康退職研究の50〜104才の参加者
13611名のデータを分析した。
1992年から2008年に収集された調査データと
2008年から2014年までの脂肪データとの関連が検討された。

その結果
57因子のうち死亡と最も密接に関連していった10の要因は以下の通りである。

1 現行の喫煙
2 離婚歴
3  アルコール乱用歴
4 最近の財政難
5 失業歴
6 喫煙歴
7 生活満足度の低さ
8 未婚
9 フードスタンプ使用
(アメリカの低所得者向けの食料支援制度)
10否定的感情

この調査では全ての可能性のある逆境が調べられた訳ではない
※家庭内暴力や食料不安等

喫煙は40年も前から最大の死亡リスクとして理解されてきたが
否定的感情、つまり人生を否定的に感じる傾向などの要因を特定することで
そこにもっと注目して死のうリスクに影響を及ぼす事が可能かもしれない。
あるいは、財政的困難や失業に焦点を当てて!
と、この研究者はおっしゃっている。


まとめ
喫煙やアルコールが健康に害があるに事には誰しもが共感を
得られるのでがないでしょうか?
病は気から。 というのも実は理にかなっていてネガティブな出来事など
は体にダメージを与える。
けど逆説的に楽しい日々を過ごせば小さな不調は大抵解決するし
あなたの寿命も伸びると考えられるだろう!

死に密接する社会および行動要因のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ