NEW

人工甘味料を摂取し続けた結果【実験付き】

【この記事のキーワード】

,

お疲れ様です!営業マン兼パーソナルトレーナーのMASAHIROです。


今日は、ちょろっと前回も書きましたが人工甘味料についてのお話です。

皆さん、普段どれくらい人工甘味料を摂取していますか?


InstagramやTwitterで人工甘味料はヤバい!みたいなまとめ、

よく目にすることありますよね。


また周りの友人にもものすごい気を使ってる人がいたり。

彼らに実際どれくらいとったらヤバいか、致死量は?と聞くと、


だれ一人と答えられません。

まぁ普段取らないことが正しいと考えていますからね。笑


ということで、今回はMASAHIROが身体を張って実験しました!笑

 

なんでそんなことしたの?


動機が一番気になりますよね、笑。普通の人はやりませんから、、、


というのも実は自分、ちょうど今、減量期でして。

人工甘味料でいうとペプシゼロやゼロコーラに頼りっぱなしでした。


そんな時にふと、人工甘味料はヤバいみたいなお話を聞いたので、

「そんなヤバいのかなぁ、、ホントかなぁ、、、、」と思い、


概ね70日にわたって摂取し続けました。(中毒的な要素もありましたが)


・1日2Lくらいのペプシゼロ

・ほぼ毎日SUNAO等のカロリーオフアイス

・トレ時のBCAA


主にこれらを長期間、1ヵ月以上摂取し続けました。

 

体への影響は?


結論、


① 倦怠感が酷く、疲れが全く取れなくなる。


② とにかく甘いものが辞められなくなる。


主な影響はこの2つです、体感。

もしかするともっと身体を蝕んでいるかもしれませんが。

①も②もしっかりと科学的根拠は存在しました。

体感だったので、なんでだろうと思っていたのですが、調べた結果、


①について、どうやら人工的な化学物質で作られた甘味料は

私たち本来の臓器、肝臓で分解消化するのにものすごい負荷がかかるみたいです。


つまり内臓を働きっぱなしにさせているわけで疲れが取れない感じになるとのこと。


②について、人工甘味料の甘さはドーパミン等の神経伝達物質や神経の快楽中枢に

影響し、中毒を招くとのことです。


2007年にフランスで行われたマウスを使ったサッカリンの実験では

サッカリンはコカイン以上に中毒性が高いことが明らかになったみたいです。

まとめ


「人工甘味料を摂りすぎると、倦怠感が酷く、甘いものが辞められなくなる。」


以上が私の実験結果です。

(実験って言ったら少し大げさかもしれませんが。)


ただ人工甘味料が一切使われていないものを食べて生きていくというのは

ほぼ不可能です。


調べれば分かりますが、多くのものに使われています。


私はたまたま減量していたので、そういったゼロカロリーなモノに頼る必要がありました。


普通の一般人が普通に生きていればそこまで人工甘味料を摂りすぎることはありません。

気を付けるべきなのは減量中やダイエット中の人だと思います。


世の中が便利になっていく以上、身体に影響を及ぼすものも増えていきます。


人工甘味料や化学調味料を上手く付き合っていくことが大切だと思いました。

人工甘味料を摂取し続けた結果【実験付き】のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ