NEW

筋肉痛のメカニズム

【この記事のキーワード】

, ,

皆さま、こんにちは!

パーソナルトレーナーの斉藤大知です。

今回の内容は筋肉痛のメカニズムについて書かせて頂きます。

とはいうものの、現在はっきりとした筋肉痛の原因ははっきりとは分かっていません。

有力で言われているのが、筋トレなどの運動によって傷ついた筋繊維を修復しようとする時に起こる痛みであるとされています。

つまり、回復の過程で痛みが生じるということですね。

その筋繊維の回復過程において炎症が起き、プロスタグランジンやブラジキニンなどの発痛物質が生成され、それが痛みの原因になるのです。

この筋肉痛を起こしやすい筋トレ方法が、エキセントリック収縮の負荷が強い筋トレであると言われています。

例えばスクワットの時に、お尻に筋肉痛が残りやすいのはここから考えられるかなと思います。

筋肉痛を早く治す方法として、アミノ酸の摂取やストレッチ、入浴が効果的と言われていますが、1番は安静にすることです。

痛みが強い筋肉痛の場合は無理な筋トレは控えましょう!

今回の内容は以上となります!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

__________________ 

筋トレやダイエットの方法など、有益な情報をSNSで配信しています!

お気軽にフォローお願いいたします^_^

パーソナルお問い合わせは、公式ラインよりお願い致します♩

——————————————————–

●youtube

https://www.youtube.com/channel/UC6X-uUhLVhyaD3lBE9DRh4A


●Instagram

https://www.instagram.com/daichi__fit/?hl=ja


●公式ライン

http://bit.ly/2VlCKOA


●Twitter

 

筋肉痛のメカニズムのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ