NEW

運動も大事だが食も大事!

 

みなさん、こんにちは!

パーソナルトレーナーの坂口です。

太らない外食のとり方

ハンバーグやステーキなど、洋食は和食のように砂糖やみりんが使われることが少ないので、糖質OFFにむいた料理といえます。オリーブ油をふんだんに使うイタリアンも、生ハムやカルパッチョ、肉や魚のグリルなど、おすすめのものが多くあります。ただし、パンはもちろん、パスタ、ピザ、グラタン、ドリアはなるべく控えましょう。フライドポテトやマッシュポテトなどの付け合わせも同様です。寿司屋やとんかつ屋へ足を運ぶのはお休みしましょう。鍋物は、菜野菜やタンパク質がたっぷりとれる、持ってこいのメニューです。

中華は点心やとろみ系料理がNG                     メニュー選びで迷ってしまうのが中華料理。青菜炒めやレバニラ炒めなど、炒めもんぽでとろみのついたものは避けましょう。餃子や春巻きの皮も要注意。

 

ジャンル別 外食のとり方

 

▶焼き肉屋では・・・肉類は塩で食べる!ホルモンは高糖質食材  焼き肉を食べてもOKです!ただし、カルビやロースも塩で注文した方が良いです。なぜなら、タレには糖質がいっぱいだからです!キムチも糖質が多いので避けたほうがよいです。ホルモンは臭みを消すのに酒が振られたり、味付けにみりんや砂糖が使われていることが多いので、高糖質の食材と考えたほうがよいでしょう。

 

 

▶ファーストフードでは・・・ドリンク類に気をつけて!     ファーストフードの代表格といえばハンバーガー。でもパンはあまりおすすめできないので、サラダなどのサイドオーダーにします。また、ファーストフードで気をつけたいのはドリンク類。炭酸飲料やジュース類は糖質が多いのでおすすめできません。無糖の紅茶やコーヒーはOKですがMカフェインが入っているのでなるべく控えめに。

 

 

▶定食屋では・・・焼き魚や刺身がおすすめ!小鉢でボリューム調整                                     焼き魚にみそ汁という和定食はまさに健康食。でも、ご飯は控えたいので、あらかじめ遠慮する旨を伝えることをおすすめします。煮魚よりも刺身や焼き魚。肉類は塩、コショウ、しょうゆなどのシンプルな味付けのものをチョイス。主食抜きでボリュームが足りないときは、豆腐や野菜のお浸しなどの小鉢を注文します。

 

 

▶ファミレスでは・・・高糖質の付け合わせに要注意!タンパク質がとれるサラダを                        セットメニューではなく、単品の組み合わせにするとダイエットに必要な栄養素をバランスよくとることができます。サラダを注文するなら、卵やハムなどタンパク質源が添えられているもに。フライや甘辛いタレのおかず、デミグラスソースやホワイトソースは避けましょう。コーンなどにも注意してくだい。

運動も大事だが食も大事!のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ