NEW

なかやまきんに君が選ぶ「筋肉系ハンバーガーBEST3」

【この記事のキーワード】

,

 ダイエット中や減量中など、食事制限をしているときこそ、つい食べたくなってしまう物の代表とも言えるのがハンバーガーではないだろうか。そんなときに参考になる動画が、タレントのなかやまきんに君の公式YouTubeチャンネルで、9月13日に公開された『【ハンバーガー】ダイエット(減量中)に食べるならコレだBEST3の発表です。全ファストフードのメニューから厳選致しました。』だ。さっそく、ランキングを見ていこう。

 

第3位 ロッテリア「ソイ野菜バーガー(半熟たまごトッピング)」

(350kcal、タンパク質15.3g、脂質15.5g、炭水化物33.0g)

 単品ではタンパク質が9.3gとやや少ないのだが、ここに半熟たまごを追加料金でトッピングすることでバランスをよくするのがポイントだ。ハンバーガーはソイ(大豆)という名前の通り、大豆を使ったソイパティが使用されている。きんに君も「大豆という印象はまったくしない」と話し、おいしく食べていた。

 

第2位 フレッシュネスバーガー「てりやきチキンバーガー(ローカーボバンズに変更)」

(403kcal、タンパク質17.9g、脂質23.9g、炭水化物32.2g)

 この値だけ見ると、ローカーボバンズに変更する前後であまり違いはないのだが、注目すべきは炭水化物に含まれる食物繊維の量だ。炭水化物は、糖質と食物繊維でできている。ローカーボバンズに変更することで、食物繊維は1.3gから10.1gと約10倍になっているのだ。同じ炭水化物でも、食物繊維が多いものは体脂肪になりにくい特徴があるのだ。味も遜色ない上に、食物繊維には腸内環境を整えたり、糖質や脂質の吸収をゆるやかにするはたらきがある。ローカーボバンズは追加料金で変更できるので、せっかくならこちらにして食べてほしい。鶏肉のジューシーさについても、独特の感性で食レポしているのでそちらはご覧になって確かめてほしい。

 

第1位 モスバーガー「菜摘テリヤキチキン」

(186kcal、タンパク質15.1g、脂質10.7g、炭水化物7.7g)

 きんに君から見て、モスバーガーは筋肉系ハンバーガーの宝庫だったそう。その中でも優秀だったのが「菜摘テリヤキチキン」だ。アレンジはしないで、そのまま食べる。完成された味わいに失敗があるはずもなく、ひたすらおいしく食べていた。店舗によっては菜摘シリーズがないところもあるそうなので、目当てのメニューがあるかは注意して行ってほしい。

***

 減量を継続するためにも、時々好きなものを食べることがいい気分転換になったりする。その際には、多少カロリーが高くても、タンパク質がしっかり含まれているもの、さらにできれば食物繊維が含まれるものを選ぶように意識してほしいと言う。きんに君のようにいい笑顔で減量していけるよう、ぜひ参考にしてみてほしい。

なかやまきんに君が選ぶ「筋肉系ハンバーガーBEST3」のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ