NEW

活動様式~筋収縮の性質~

 

みなさん、こんにちは!

パーソナルトレーナーの坂口です。

 

筋の収縮様式(活動の様式)

骨格筋が収縮する際の筋活動は、いくつかに分類されます。その中でも特に重要なのが、収縮中の「長さ変化」から分類した以下の3つがあります。

①短縮性収縮(コンセントリック収縮)

筋が短くなろうとして力を出し、実際に短くなる収縮。

②等尺性収縮(アイソメトリック収縮)

筋が短くなろうとして力を出すものの、長さが変わらない収縮。「収縮(筋活動)」は行われるが、「短縮(筋の長さが変わる)」はしない状態。

③伸張性収縮(エキセントリック収縮)

筋が短くなろうとして力を出すものの、外力によって逆に伸ばされる収縮。筋を伸ばされる(伸張)ものの、状態としては収縮(筋活動)している。

ほかにも特殊様式として、一定の負荷を定速で動かす場合の「等張性収縮」や、特殊な装置を使って関節の速度を一定にした「等速性収縮」というものがあります。

 

「筋の力」ー「速さ」の関係

筋は収縮速度に依存して発揮できる力が変化するという性質があります。遅く縮む時は強い力を出せるが、早く縮む時は強い力を出せない。また、「力ー速さ」の関係は等尺性収縮や伸張性収縮にも存在する。等尺性収縮は縮む速度が遅い(速度=0)ので、短縮性収縮よりも強い力を出せる。伸張性収縮は発揮できる力が大きく、3様式の中でも最大。「筋肉は引っ張られる状態に耐える時に、最も強い力を出せる」と考えればよいです。

 

「筋の力」ー「長さ」の関係

さらに、筋は長さによっても発揮できる力が変化する。ここでいう「長さ」は、筋収縮様式とは異なり、単に長い状態か短い状態かを指します。筋線維が中間的な長さの時、筋力は最大となる(至適長)。長すぎる状態や短すぎる状態では、発揮できる力は小さい。例えば、肘が深く曲がった状態や伸びきった状態からだと、それ以上曲げる力が出にくくなる。

 

 

活動様式~筋収縮の性質~のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ