NEW

カラダづくりに必要不可欠なタンパク質

 

みなさん、こんにちは!

パーソナルトレーナーの坂口です。

 

小学校の家庭科で3大栄養素の働きをこんなふう教わったことはないでしょうか?

「炭水化物と脂肪はエネルギーのもとになる栄養素、タンパク質はカラダをつくる栄養素です」

 

全身に60兆個あるといわれる細胞の主成分はタンパク質。内臓、皮膚、毛髪、血液、酵素、ホルモン、もちろん筋肉の主成分もタンパク質です。

タンパク質、ミクロ単位で見てみると、アミノ酸がより集まって構成されています。アミノ酸は炭素、水素、酸素、窒素の複合体で、自然界には数百種類存在します。このうち、ヒトのカラダを構成するタンパク質の材料となるアミノ酸は20種類。それぞれのアミノ酸が複雑に複合することで、さまざまなタンパク質が形成され、血となり肉となっているのです。もし、これら20種類のアミノ酸が自分の体内でつくることができるのであれば、筋トレ時に栄養の知識は必要ありません。

20種類のアミノ酸のうち、自前で合成できるのは、11種類のみ。残りの9種類のアミノ酸はタンパク質を含む食物を口から摂り入れ、20種類のアミノ酸を揃えるしか方法がないのです。自前で合成できるアミノ酸のことを「非必須アミノ酸」そうでない残りの9種類のアミノ酸のことを「必須アミノ酸」といいます。肉や魚などのタンパク質食材が生きていくために必須とされているのは、すなわり必須アミノ酸を補給せねばならないということ。

 

▼体内で合成できない必須アミノ酸

イソロイシン スレオニン
ロイシン トリプトファン
リジン バリン
メチオニン ヒスチジン
フェニルアラニン

 

 

▼体内で合成できる非必須アミノ酸

アスパラギン グルタミン酸
アスパラギン酸 システイン
アラニン セリン
アルギニン チロシン
グリシン プロリン
グルタミン

カラダづくりに必要不可欠なタンパク質のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ