NEW

痛風に関連する食事コントロール

【この記事のキーワード】

,

こんにちはトレーナーのTAKAです。


痛風に関連する食事について掘り下げていきます。


まず前提として

尿酸値がすでに高めの傾向にある場合は食生活を改善していかないと痛風が進行してしまうこともあるため、尿酸値を下げる対策を取らなければいけません。


その対策について話を進めていきます。


普段の生活では暴飲暴食は避け、尿酸の排出を促すために水分を十分に摂ることが大切で

理想は1日2L以上、水とお茶を飲みましょう。

また、コーヒーは尿酸値を下げることがわかっています。砂糖などを入れずブラックで飲むことがオススメです。

よくある勘違いとして

尿酸値を下げる目的で、プリン体の多いものを極端に避けようとする方が多くみられますが必要はありません。

プリン体は細胞の核を構成する成分なので、ほとんど全ての食品に含まれています。

さらに、尿酸の元となるプリン体の80%~90%は体内で作られます。

食事由来のプリン体は10~20%ほどです。

尿酸値を下げるためには、食事に含まれるプリン体を気にすることも大切ではありますが、日常生活の見直しと肥満、高脂血症、高血圧などの改善のほうがより重要になります。


要はカロリーコントロールをすることで肥満

高脂血症、高血圧を改善しつつその結果のついでとして尿酸値も落ちてきます。


目先の食材のプリン体の含有量より摂取カロリーやPFCなど基本に戻りつつ水分をしっかり摂ることを心がけることで1ヶ月後、2ヶ月後の尿酸値の数値に変化が出始めるので是非意識してみて下さい。

痛風に関連する食事コントロールのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ