NEW

武田真治流ベンチプレスを公開! ”昭和”なやり方が美ボディの秘訣?

【この記事のキーワード】

, ,

 俳優の武田真治が2020年6月に開設した公式YouTubeチャンネル「武田真治のSHINJI TAKEDA」では、自身が考案した筋肉ダンスや筋肉料理、サックスありのハンドクラップダンスなど、さまざまな動画を配信している。9月22日には「筋肉生活20年、これが武田真治の筋肉を作ったベンチプレスだ!!!」という動画をアップ。筋トレ姿を初公開した。

 デビュー当時、中性的な魅力で多くの女性ファンを魅了した武田だが、体を壊してしまい、仕事ができなくなってしまった時期があったという。その時の医師の勧めで体を鍛え始めたのだが、今ではすっかり筋肉キャラが定着。2018年から出演しているNHK『みんなで筋肉体操』は、再ブレイクのきっかけにもなった。

 くだんの動画では、武田流ベンチプレスのやり方を紹介。腕立て伏せは腕を曲げ伏せていった方が楽なので起き上がる理由がないが、ベンチプレスは自分に落ちてくるので、その反動で押し返すのだと持論を展開。それがベンチプレスの良いところだと言う。

 普段は30kg、50kg、70kg、90kgを各10回ずつ、最後に30kgを100回やっているのだそう。

 さらに「ベンチプレスを上げている時には何を考えているのか?」というスタッフの質問に対し、

「人間は心のストレスよりも、身体に起きてる負荷、ストレスを優先的に取り除こうとする。心のケアも必要だけど、目下のところ体のストレスから排除しようとするから、運動することで心のストレスって取り除かれるんです」と熱く語る。なかなかに深い発言だが、残念ながら質問したスタッフにはあまり響かなかった様子。

 20年前にベンチプレスを始めた当初から、足を上げた状態で行っているという武田。今は足を地面につけて踏ん張って行うのが一般的だが、力が入りにくい状況で肩甲骨2点と腰の計3点でバランスを取りながら行うやり方が胸や腕に効くと教わり、これを続けてきたという。

 次回は、自宅でベンチプレスしている動画をアップすると予告。ところどころ深い発言も飛び出す彼の筋トレ動画を、是非チェックしてみてほしい。

Pick Up

武田真治流ベンチプレスを公開! ”昭和”なやり方が美ボディの秘訣?のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ