NEW

スクワットのハイバー、ローバー

【この記事のキーワード】

,

今回はスクワットのハイバー、ローバーの違いを紹介します。

ハイバー(バーを高い位置で担ぐ)
・メインは太もも前
・上半身は起こす
・深くしゃがんだ時ヒザがつま先より前に出る
・バーの移動距離は長い
・胸椎伸展しないと腰に負担がかかりやすい


ローバー(バーを低い位置で担ぐ)
・メインは太もも後ろとお尻
・上半身は倒し気味
・深くしゃがんだ時もヒザはつま先より出ない
・バーの移動距離は短い
・胸椎伸展しないとバーが担げない

ハイバーローバーは意識せずにスクワットされている方も多いと思いますが、実はけっこう違いが出ます。どうせなら自分の目的に合わせてスクワットしたいですよね。

スクワットに関しては前後バランスを取るため、ハイでもないローでもない
ミドル的な位置で持つのも良いと思います。


色々アレンジの効くスクワットですが、共通ルールもあります。

・背中と腰を丸めないこと
・足裏が浮かないこと
・下を向かないこと

ケガをしないための共通ルールは大切です。
共通ルールは守りつつ色々なスクワットにチャレンジしてみて下さい。


スクワット ︎ハイバー・ローバーの違い

スクワットのハイバー、ローバーのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ