NEW

ディップスができる懸垂マシン3選

【この記事のキーワード】

, ,

 こんにちは、筋トレサラリーマンのたかつんです。

 今回は、懸垂マシンの購入を検討している方に向けて、ディップスができるタイプをオススメする、という記事です。

 マシンを選ぶ際の基準と、オススメの3選を紹介します。


本日の内容
・ディップスができる懸垂マシンを選ぶ際の注意点【結論:安定性が重要】
・ディップスができる懸垂マシン【おすすめ3選】
・まとめ

 

ディップスができる懸垂マシンを選ぶ際の注意点【結論:安定性が重要】

 注意点はずばり、安定性です。

 ディップスは、大胸筋と三頭筋に強い負荷をかけられる半面、体幹が安定せず身体がブレやすくなります。

 土台がしっかりしていない懸垂マシンでディップスをすると、マシンがグラグラ動いてしまい、的確な動作ができません(ぐらつきが気になってトレーニングどころじゃなくなります)。

 

ディップスができる懸垂マシン【おすすめ3選】

「安定性」はディップスをする上で必須です。その他、「価格」「大きさ」という3つのポイントからおすすめの懸垂マシンをご紹介します!

 

FITMATE ぶら下がり健康器具 懸垂マシン

 1つ目は、FITMATEの懸垂マシンです。

 リーズナブルでコンパクトに収まります。耐荷重140kgであり、土台の表面積が大きく安定性も問題ありません。

 迷ったらこのマシンにしておけば間違いない! そんな一品です。

【総評】

安定性 :◯
価格  :◯
大きさ :◯


BangTong&Li「ぶら下がり健康器 懸垂マシン」

 次は、BangTong&Li の懸垂マシンです。

 こちらもFITMATEの懸垂マシンと同様、安定性は申し分ないです。2020年9月25日現在、Amazonで一番人気の懸垂マシンとなっております。

 マシンの背面にクッションがついており、レッグレイズのときに背中を支えてくれるといった、きめの細かい設計になっています。

 また、Amazonレビューの中には、「4年以上使い込んでいるがまだまだ現役」といったような、この商品の質の良さについても書かれています。

 FITMATEより若干値は張りますが、ユーザーの視点に立った一品です。

【総評】

安定性 :◯
価格  :△
大きさ :◯


TOP FILM「ぶら下がり健康器 懸垂マシン」

 3つ目は、TOP FILMの懸垂マシンです。

 耐荷重180kg、どでかい土台のおかげで安定性は最高クラスです。

 価格は1万円以下と、非常にリーズナブルになっています。

 ただし、土台を大きくして安定性がすばらしい半面、設置面積はかなり広いです。
マシンを置く予定のスペースに十分空きがある場合は、おススメです。

【総評】

安定性 :◎
価格  :◎
大きさ :△

 

まとめ

 いかがでしたか? 一言に懸垂マシンといっても色々な種類があります。その中でも、懸垂マシンを購入するならばディップスができることは外せない要素だと思います。

 懸垂マシンの購入を検討している人の参考になれば幸いです。
(文=筋トレサラリーマン・たかつん)

ディップスができる懸垂マシン3選のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ