NEW

【解剖学】僧帽筋の解説

こんにちは!

蕨・池袋で活動しているフリーランスパーソナルトレーナーのふっかです。

 

今回は

 

僧帽筋

 

の解説をしていきたいと思います。

 

僧帽筋とは肩こりの原因筋の1つとしても知られているかと思います。またボディビルダーは僧帽筋を鍛えて逆三角形ではなく、ひし形のような体型を目指す方も多いのではないでしょうか。

そんな僧帽筋が身体に及ぼす影響やその改善方法などをこの記事では解説していきたいと思います。

 

僧帽筋の概要

まずは僧帽筋の起始・停止・作用から解説していきたいと思います。

 


起始 停止 作用
僧帽筋上部 上項線〜頚椎の7番 鎖骨の外側3分の1後面

肩甲骨の挙上

内転

上方回旋

頚椎の側屈

僧帽筋中部 頚椎の7番〜胸椎の3番 肩峰の内側部

肩甲骨の下制

内転

上方回旋

僧帽筋下部 胸椎の3番〜胸椎の12番 肩甲棘の三角面

肩甲骨の下制

上方回旋

 

上記のようになります。

すべての部位に共通していえることは

肩甲骨の上方回旋を補助する

という点です。

ということは僧帽筋の働きがなっていないと肩関節を外転する際に肩甲骨がうまく上方回旋してくれないので肩が上がらない、なんてことが起こるということですね。

四十肩や五十肩の方へのアプローチとして僧帽筋のリリースをしてあげることも1つの手段であると思います。

 

僧帽筋と肩こりの関係性とは??

僧帽筋には肩甲骨を挙上する、という作用があります。仮に肩甲骨が挙上した状態で僧帽筋が固まってしまうと肩こりの症状として肩が痛い、といった症状が出てきたりします。

僧帽筋の中部には肩甲骨の下制という作用があるので僧帽筋の中部を活性化させてあげると肩甲骨が挙上したまま僧帽筋が拘縮する、ということは避けられるのではないでしょうか。

 

また肩こりの原因筋としては僧帽筋ともう一つ肩甲挙筋という筋肉があります。どちらも肩甲骨を挙上させる作用を持っているのですが、肩こりの原因としてどちらの筋肉が原因となっているのか見分ける方法があります。

それは肩甲骨の挙上の仕方です。

僧帽筋が原因の肩こりの場合は肩甲骨全体が挙上しているようになりますが、肩甲挙筋が原因の肩こりの場合は肩甲骨の内側が挙上し、外側は下方回旋しているようになります。

この違いを見分けて、アプローチ方法を考えていく必要がありますね。

ぼくのYouTubeチャンネルで今後僧帽筋の解説の動画をアップしようと思いますので、下記チャンネルを登録の上、楽しみにお待ち下さい😊

https://www.youtube.com/channel/UCcSTo-nMy61O8I_dyKJ5ryw

 

それでは次回の記事もお楽しみに!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

パーソナルトレーナーふっか 公式LINE@

https://lin.ee/dYaVzi3

 

youtube ふっかchannel

https://www.youtube.com/channel/UCcSTo-nMy61O8I_dyKJ5ryw/

Pick Up

【解剖学】僧帽筋の解説のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , , , , , , , , , , , , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ