NEW

カラダに必要な栄養素を知ろう!

 

みなさん、こんにちは!

パーソナルトレーナーの坂口です。

BCAA(分岐鎖アミノ酸)

~筋肉を動かすエネルギー源~

バリン、ロイシン、イソロイシンという3種類の必須アミノ酸の総称。分子構造から分岐鎖アミノ酸とよばれ、筋肉を構成するタンパク質の約35%を占めている。筋トレや運動でエネルギー源となるグリコーゲンが減少すると、筋肉中のBCAAが筋肉を動かすエネルギー源として消費され、筋肉の分解が進行する。しかし、筋トレ前や筋トレ中にBCAAを補給すると、血液中のBCAA濃度が高まり、筋肉の分解を抑えることができる。また、BCAAは他の必須アミノ酸と異なり、肝臓ではなく直接筋肉で代謝されるため、摂取しても肝臓には負担がかからず、素早く筋肉に届くといった長所もあります。

 

アルギニン(非必須アミノ酸)

~血流量を増やす一酸化窒素~

体内で合成できる非必須アミノ酸に属するが、合成量だけではやや不足しやすいことから準必須アミノ酸ともいわれている。アルギニンには、脳下垂体を刺激して成長ホルモンの分泌を促す働きがあります。さらに、一酸化窒素(NO)の生成も促進する。一酸化窒素には血管を拡張して血流量を増大させる作用があるため、筋タンパク質合成反応の高まりが期待できます。

 

グルタミン(非必須アミノ酸)

~疲労や免疫力の回復に効果~

体内で合成できる非必須アミノ酸。筋肉に含まれている遊離アミノ酸の中で最も多く存在し、約40%を占めている。通常の食生活をしていれば不足することは少ないが、ケガや風邪、激しい運動などで体にストレスがかかると、大量に消耗して不足しやすくなるため、準必須アミノ酸とも言われています。血流を良くする一酸化窒素(NO)や、筋肉の成長に関わる成長ホルモンの分泌を促進する作用があります。さらに、免疫細胞や消化管のエネルギー源として免疫機能の向上や疲労回復にも貢献する

 

カラダに必要な栄養素を知ろう!のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ