NEW

睡眠の質を高めること=カラダが作られる

【この記事のキーワード】

, ,

 

みなさん、こんにちは!

パーソナルトレーナーの坂口です。

筋肥大を阻害する睡眠不足

体の成長において睡眠は絶対に欠かせないもの。睡眠の質を高めることも筋肉の成長につながる。まず睡眠不足は危険大。睡眠時間が7時間の人は、最も寿命が長くなり、生活習慣病の発症率も低いという研究報告もあります。さらに、睡眠不足となるとストレスホルモンであるコルチゾールの分泌が促進される。コルチゾールには筋肉の分解を促し、成長ホルモンの分泌を抑制する作用があるため、筋肥大が阻害されてしまいます。

 

浅い眠りのリスク

また、睡眠時間だけでなく「睡眠の質」も重要となる。睡眠には、眠りの浅いレム睡眠、眠りの深いノンレム睡眠があり、基本的に90~120分周期で交互に入れ替わる。ノンレム睡眠はさらに眠りの深さで4段階に分けられ、眠りの深いステージになると人間の意識を司る大脳皮質の活動が顕著に低下する。眠りに落ちた入眠後、この状態が最初に訪れるタイミングで成長ホルモンはがしっかり分泌され、筋肥大効果が高まる。逆に眠りの浅い人は、なかなか深いステージのノンレム睡眠にいたらず、成長ホルモンの分泌量も少なくなる。

 

 

▲睡眠が浅くなる原因▲

証明やテレビをつけたまま眠ると、脳が昼間と錯覚して体を活動的にする交感神経が優位になる。さらに明るい場所では睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌も減少するため、眠りが浅くなりやすい。

 

就寝直前までPCや携帯電話を見ていたり、ゲームをしていたりすると、興奮して交感神経が優位になる。また、、夜更かしして寝不足が続くとコルチゾールの分泌量が増えて成長ホルモンの分泌が妨げられる。

 

コーヒーなどで就寝前にカフェインを摂取すると、カフェインの錯覚作用によって眠りが浅くなりやすい。さらにカフェインの利尿作用によって就寝中に目が覚めやすくなるリスクも。

 

栄養ドリンク剤はカフェイン入りの商品も多いため、就寝前に摂る場合はノンカフェインのタイプを選ぶことをおすすめします!

 

 

睡眠の質を高めること=カラダが作られるのページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ