NEW

中臀筋弱化による悪影響

【この記事のキーワード】

, ,

皆さま、こんにちは!

パーソナルトレーナーの斉藤大知です。

今回の内容は、中臀筋弱化による悪影響についてお話しさせて頂きます。

まずはじめに中臀筋とは、お尻の横の方についている筋肉です。

腸骨稜の外面〜大転子に付着しています。

この筋肉のメインの作用が、股関節の外転です。

外転というものの内転しそうになるのをさせないように働く外転作用となります。

脚の支持においてメインに働きます。

例えば、中臀筋の弱化が起こると歩行時の立脚期において安定せずに骨盤が揺れるので、その結果お尻が横にふれてしまいます。

これをトレンデンブルク歩行といいます。

綺麗にしっかりとした歩行を手に入れるためにも中臀筋を鍛えておくことが大切になります。

おすすめの鍛え方は、ゴムバンドを両足の足首にくぐらせ、立位の状態で外に開いていくトレーニングです。

このトレーニングによって立脚側の中臀筋をメインで鍛えることができます。

是非、中臀筋を鍛えて綺麗な歩行を手に入れましょう。

今回の内容は以上となります。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

__________________ 

筋トレやダイエットの方法など、有益な情報をSNSで配信しています!

お気軽にフォローお願いいたします^_^

パーソナルお問い合わせは、公式ラインよりお願い致します♩

——————————————————–

●youtube

https://www.youtube.com/channel/UC6X-uUhLVhyaD3lBE9DRh4A


●Instagram

https://www.instagram.com/daichi__fit/?hl=ja


●公式ライン

http://bit.ly/2VlCKOA


●Twitter

中臀筋弱化による悪影響のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ