NEW

上腕を太くするお勧めの上腕三頭筋種目

【この記事のキーワード】

みなさんこんにちわ!

パーソナルトレーナーの藤原悠貴です!

今日は上腕を太くするのにお勧めの三頭筋種目について記事を書いていきます。

腕を太くしやすいのは二頭筋?三頭筋?

男性ならみんな憧れるであろう太い腕ですが、みなさんが考える「腕」って力こぶの方か二の腕の方かどちらのイメージが強いでしょうか?

私はどちらかと言うと腕と言えば力こぶかなと思います。

しかし、意外な事にも腕を太くしたければ力こぶより、二の腕の筋肉つまり上腕三頭筋を鍛えた方が手っ取り早いのです。

なぜなら、腕の主な筋肉の中でも上腕三頭筋は体積が大きく、腕の筋肉の占める割合が高いため力こぶである上腕二頭筋より上腕三頭筋を鍛えた方が効果的であるからです。

では続いてお勧め種目について解説していきます。

1. ナローベンチプレス

ナローベンチプレスとはその名の通りナロー(狭い)ベンチプレスなので手幅を狭くして行うベンチプレスの事です。

こちらでは高重量・低回数を狙い通常のベンチプレスとは違って胸を張らずに行います。理由はメインが上腕三頭筋になるように大胸筋の関与を減らすためです。

また、バーベルを深く下ろし過ぎてもストレッチがかかりすぎるので、あえて可動域を浅くして上腕三頭筋に狙っていきましょう。

2. ライイングトライセプスエクステンション

ライイングエクステンションは名前の通り仰向けで寝た状態で上腕三頭筋の伸展運動を行う種目の事です。

こちらでは低重量・高回数12回~15回を目安にセットを組んでいきます。

また、EZバーやストレートバーなど様々方法はありますが、私は主にダンベルを使って行います。ダンベルを使う事で動きの制限がなく手首や肘への負担が軽減されます。

この種目はストレッチ種目なので肘を曲げるネガティブ動作をゆっくり丁寧に行う事が大事です。

最後に…

上腕三頭筋は比較的高重量でのトレーニングが効果的と言われています。

1種目目で高重量を扱えるナローベンチプレスでとことん追い込んで、2種目目のライイングトライセプスエクステンションでねちねちと追い込んでいきましょう!!

今回の記事は以上です。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

上腕を太くするお勧めの上腕三頭筋種目のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ