NEW

スクワット初心者や苦手な方!(解説からフォームまでわかりやすく説明)

【この記事のキーワード】

,

こんにちは!

Reborn TrainerのTAKEです!

 

今回は、ほとんどの方が
一度はやったことのある
”スクワット”のやり方について
誰にでも正しく出来るように
ご紹介していきます♪

メジャーな筋トレと言うだけあり
スクワットをトレーニングメニューとして
取り入れている人は多く…

その一方
間違ったフォームで
トレーニングをしている人も
少なくないです。

間違ったフォームのまま
トレーニングを続けてしまうと
思わぬ怪我に
繋がってしまう可能性があります。

仮に目的が「脚を細くしたい」
対して間違ったフォームで
スクワットをしてしまうと
逆に”脚が太く”なってしまう
可能性もあります!

せっかく貴重な時間を使い
トレーニングをするのであれば
正しいフォームで
結果に結びつくような
トレーニングをして行きましょう♪

と言うことで…

筋トレを正しく行うために
下記3点を中心に説明していきますので
気になるところのみでも良いのでお読みください♪

・スクワットの効果

・スクワットの注意点

・スクワットの正しいフォーム

【スクワットの効果】

・ヒップアップ

・足の引き締め

・ウエストの引き締め

[解説]


スクワットは股関節が主に働く筋トレです。
その為、お尻の筋肉を最大限に使うことが出来ます。

但し、多くの人は
”股関節”ではなく”膝”から動かしてしまうことが多く
主に太ももの筋肉を
使ってしまうことが多いです。

その為
太ももの筋肉が発達してしまい

スクワットをして
「太ももが太くなった!」と
言う相談が非常に多いです。

ですので…
後ほどご紹介する画像を見ていただき

動かし方のポイントを抑え
正しいフォームで行うことができれば
太ももをが太くなることはなく
キレイなヒップラインが作られます✌︎(‘ω’✌︎ )

また…
スクワットをする際にしゃがみ

その姿勢を維持するために
お腹(コア)が働くことで
お腹の引き締め効果にも
期待できます!

 

[スクワットの注意点]

・足の裏が床から離れないこと
・目線は正面(上や下を見ない)
・カラダを起こす時に腰が反らないこと
・つま先より前に膝が出ないこと
・膝はつま先と同じ方向に向けること(膝のみ内側や外側に向けない)

[解説]


上記の内容を守ることができれば
ケガのリスクはかなり抑えられ
トレーニング効果を出すことが出来ます!

優先順位は上から順となりますので
参考にして頂ければと思います!

 

 

[スクワットの正しいフォーム]

①足は肩幅から1つ分外側に開く(この時、両足をしっかりと床につける)
②股関節から曲げて(お尻を後ろへ突き出すイメージ)腰を落とす
③お尻を締めながら両足で床を踏みつけるようにカラダを起こす

あとは②〜③を繰り返します。

[解説]

足は肩幅から1つ分外側に開く(この時、両足をしっかりと床につける)

 

基本的には、足の裏は床に密着させながら行いましょう!
(場合によっては、つま先を浮かせながらやることもあります)

足の裏が床から離れてしまうと
それだけで
”地とカラダ”の接地面が少なくなり
不安定な状態になってしまいます。

不安定な状態でスクワット(筋トレ)を
してしまうと
バランスが崩れてしまい

バランスを取る方に
意識がもっていかれてしまいます。

そうなると
スクワットの効果も
半減してしまいます。

ですので
スクワットをする際は

しっかりと足の裏を
床に密着させながら行いましょう!

トレーニングの途中に
バランスが崩れてしまった場合も
一度、動作を止めて
正しい形を作ってから

再度、トレーニング動作を
始めるようにすることを
オススメします♪

②股関節から曲げて(お尻を後ろへ突き出すイメージ)腰を落とす

 

スクワットは下半身のトレーニングとなります。

そして
下半身の中でも
一番重要な関節と言うのが
股関節となります。

細かく説明をすると
”分離と共同”と
言うのがあるのですが

その運動生理学的機能を元に
「股関節から動かしましょう!」
とされています。

これはスクワットのみに限らず
普段、歩いている時も同じです。

”分離と共同”に関しては
説明をすると長くなるので

また
別の記事で解説していきます!

③お尻を締めながら両足で床を踏みつけるようにカラダを起こす

スクワットは
しゃがんだ時が
一番エネルギーを使います!

そして
エネルギー不足になると
代償として(動作エラーと言います)
カラダを起こす時に
腰を反ってしまいます。

それを繰り返してしまうと
どうなるか…

想像できますよね。。。

腰を痛めてしまいます。

余談ですが…
よくスクワットをしている人で
腰にベルトを巻いている人を
見かけると思いますが
ほとんどの人は
エネルギー不足になり
腰を痛めてしまうのを
防ぐために巻いているケースがほとんどです。

本来
あのベルトを使用する時は
一時的に最大出力をサポートするものです。

わかりやすく言いかえれば
高重量設定にして
3回以下しか
挙げられない時に
使用するものです。

話を戻します(^^;)

腰を反ってしまうことを
防ぐため

お尻を締めることで
”太ももの内側”と”お腹”に
力が入りやすくなり

その結果

腰が反りにくくなる
と言うことです!

そして

最後の最後まで

足の裏は

”床から離さないこと”です!

YouTubeでも配信しているので

よろしければ見てください✌︎(‘ω’✌︎ )

 

それでは今回はここまで♪

 

本日も皆さんにとって良い1日になりますように☆ミ

スクワット初心者や苦手な方!(解説からフォームまでわかりやすく説明)のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ