NEW

自分を観察できたら余計な事は考えなくて済む?

【この記事のキーワード】

みなさんこんばんは!
パーソナルトレーナーの和希です!

今回は
「自分を観察できたら余計な事は考えなくて済む?」
について話していきます。
冷静に考えてみたら今考えなくてもいい事をついつい
考えて不安になったりする事ありますよね。
頭では分かっているし、考えないようにすればするほど
考えてしまうパラドックス。
そんなあなたにとっておきの方法を伝授します!


▶︎今この瞬間の現実に目を向ける
マインドフルネスは一言で簡単に言えば
「自分を観察する方法」である。
今この瞬間の現実に目を向けてそれをありのままに自覚して
余計な思考や感情に囚われないようにする。
なぜ「今、この瞬間」なのか。
これは余計な思考や感情が生まれる原因という物が
「過去」か「未来」にしか存在しないからである。

例えば過去なら
先輩に嫌味を言われて辛かった。
自分だけが目の敵にされている気がする。
もしかして嫌われてるから嫌がらせされているのかな?
なんて思い出してあれこれ悩む事。
未来であれば
明日もきっとボロクソに言われる気がする。
嫌だなー。ずっとこうやって言われ続けるのかな。
と苦しくなってしまう。

しかし、「今この瞬間」にはそもそ思考するための材料がない。

自分は今歩いている。
右足を出して左足を出して。
進んでいる。

そう考えながら自分の足裏が地面を踏んでは離れていく感覚に
神経を集中させていく。
「過去」や「未来」の事を考えて余計な思考が生まれたら
「今この瞬間」に戻って来るようにする。
これによって雑念が消えて集中力がましていく。


▶︎認知行動療法の第3の波として注目されている
どんな思いが浮かんできても自己概念に正面から取り組み、
それらとうまく距離を取っていく事がうつ病の最初防止に効果があるとされている。


▶︎まとめ
過去や未来の不安や他者との比較を一切考えない事は
なかなか難しい。
深く考え込んで戻ってこれなくなる前に思考をリセットもしくは
別の物事にシフトさせる必要がある。
マインドフルネスはその方法の1つである

自分を観察できたら余計な事は考えなくて済む?のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ