NEW

体を大きくするなら炭水化物をしっかりとろう!

【この記事のキーワード】

,

 糖質制限ダイエットが主流の現在、炭水化物は「ダイエットの敵」として見られています。

 しかし、少なすぎても、体作りにおいてはマイナスです。

 自分に合った炭水化物の量や食品などを探していきましょう!

Contents

 1.炭水化物が必要な理由
 2.どれくらいの炭水化物が必要なの?
 3.体作りに良い炭水化物は?

1.炭水化物が必要な理由

 筋肉を作るため、プロテインなどで有名な「タンパク質」が必要なのは知られてきています。

 炭水化物が必要な理由を知る前にタンパク質を知らないと理解しにくいと思いますので、不安な方は下記の記事を参考にしてください。

 

 なぜ炭水化物が必要なのかというと、「炭水化物は動力源」と「タンパク質の吸収」に大きく関わります。

 炭水化物はガソリンのような物で、枯渇してしまうと身体を動かすことが出来なくなってしまいます。

 仮に炭水化物を摂らなくても、タンパク質を分解して糖質エネルギーに変換出来るのですが、効率が悪く筋肉を分解してしまいます。

 その他に脂質も身体を動かすエネルギーになるのですが、こちらも効率が悪いので、十分に糖質がないと筋肉を分解する危険性があります。

 次にタンパク質やその他の栄養を吸収するのに「インスリン」というホルモンが関わってきます。

 このインスリンが分泌するには炭水化物がファクターになるので、過度な糖質制限などを行うと筋肉が成長出来ません。

 そのため、身体を大きくしたいのであれば炭水化物が必要になってくるのです。

 

2.どれくらいの炭水化物が必要なの?

 この炭水化物の必要量は個体差によって大きくかかわるので、断定することは難しいです。

 日本人は炭水化物(お米・パンなど)を中心とした食生活なので、炭水化物を食べても他国と比べて太りづらいと言われています。

 しかしながら、極度の糖質制限など行っていた方など、糖尿病の方は例外です。

 これは、炭水化物によって分泌されるインスリンの効力が少ないのが原因の可能性が高いです。

 通常の人であれば50g~100g程度を目安に炭水化物を摂取するといいと思います。

 

3.体作りに良い炭水化物は?

 体作りにおいてオススメの炭水化物は糖質以外の栄養素が少ない、お米・そば・パスタなどが良いでしょう。

 これらは炭水化物をしっかり摂取出来るのと、多少ながらタンパク質も同時に摂取出来るのでオススメです。

 筋トレなどでさらに炭水化物の量が必要な方には「マルチデキストリン」という
消化吸収がいい物を活用すると良いです。

 これはお腹にたまりづらく、プロテインと一緒に混ぜて飲めて、タンパク質の吸収効率も上がります。

 本格的に身体を大きくしたいのであれば活用してみて下さい!

 商品名はマルチデキストリンか粉飴などで販売されています。

 あまり店舗では販売していないので、Amazonなどネットでの購入がオススメです。

じゃす
柔道整復師/ブロガー。1年半で120kg→70kg台まで落とすも、身体を壊す。その後、正しいダイエット知識やトレーニング方法を学び、現在進行形でボディコンテストに向けて身体作りをしています。自身のダイエット経験を基にした「痩せトレ」を運営。
https://yasetra.com/

Pick Up

体を大きくするなら炭水化物をしっかりとろう!のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ