NEW

体幹を強化したい人が柔軟性を向上すべき理由

【この記事のキーワード】

, , ,

 大阪を拠点に関西各地方でフリーランスパーソナルトレーナー/アスレティックトレーナーとして活動しているBODY PARTNARSの藤元大詩(ふじもとたいし)です!(@taishi_fujimoto) 
 

Contents 

・体幹を強化したい人が柔軟性を向上すべき理由
・なぜ柔軟性が過度に不足すると「体幹」が使えないか
・股関節周辺のストレッチ動画
・体幹を強化したい人が柔軟性を向上すべき理由「まとめ」

 

体幹を強化したい人が柔軟性を向上すべき理由

 YouTubeや雑誌などで、様々な体幹トレーニングが紹介される中、「体幹を強化したい」「安定した体幹を作りたい」と考えて体幹トレーニングを実践する人は増えてきていると思います。

 柔軟性が過度に不足している人が「体幹トレーニング」を実践するだけでは、安定した体幹は手に入れることはできません。

 一般的に体幹トレーニングでは、以下のような種目をイメージされると思います。


 柔軟性が過度に不足している人(身体が硬い人)がこのような体幹トレーニングを実践しても、体幹が使えていない可能性があります。

 他の体幹トレーニングやウエイトトレーニング時も同じように身体が硬く、過緊張を起こした状態で姿勢が崩れると体幹が機能しにくい状態につながります。

 

なぜ柔軟性が過度に不足すると「体幹」が使えないか

 まず、柔軟性が過度に不足した状態(筋肉が過度に緊張を起こして関節の動きを制限)になると姿勢の崩れ、乱れに繋がります。

 【ケース①】 
 大腿直筋や腸腰筋、大腿筋膜張筋などの股関節屈筋群が過度に緊張を引き起こすと骨盤が前傾して腰椎も前彎しやすくなります。 

【ケース②】
 大胸筋や広背筋などの筋群が過度に緊張を引き起こすと肩関節が内旋して円背姿勢(猫背)になりやすくなります。

 このように、一部の筋の緊張状態が変化することで姿勢が乱れ、周辺の骨のポジション(配列)・位置関係にも影響が出てきます。

(例)反り腰の姿勢では、多くの場合に骨盤が前傾位・腰椎が過伸展し、下位肋骨も開いた状態になってしまいます。

 骨のポジション・位置関係が変化することでインナーユニットの一つの筋である横隔膜は緊張した状態になりやすく、体幹も機能しにくくなります。
 

筋の柔軟性不足→姿勢が乱れ→体幹が機能しにくい状態に

 その中で体幹トレーニングを実践しても「体幹が使えない」ということになります。

 トレーニングの中で適切に体幹を機能させるためには、主にインナーユニットと言われる4つの筋(横隔膜・腹横筋・多裂筋・骨盤底筋群)を機能させることでが大切です。

 そして、これらの4つの筋を適切に機能させるためには、まずはアライメント(姿勢)を整えることが必要です。

 姿勢が乱れている人ほど、体幹は正常に機能しにくくなります。

 正しい姿勢・ポジションで体幹トレーニングを実践して期待している効果を実感するためにも日常生活から姿勢に対する意識も持つようにしていきましょう。

 過度な筋の緊張は姿勢の乱れに繋がります。筋緊張を防ぐためにも日々ストレッチやセルフケアなども取り入れていくことが大切です。

 

股関節周辺のストレッチ動画

 股関節周辺のストレッチ動画も掲載しておきますので、参考なれば幸いです。

 

体幹を強化したい人が柔軟性を向上すべき理由「まとめ」

・柔軟性が不足(筋が過度に緊張)すると姿勢の乱れに繋がる

・姿勢が乱れ(反り腰や肋骨外旋位など)は体幹機能を低下させる要因に

・柔軟性が過度に不足していて姿勢が乱れている場合には、体幹トレーニングを実践する前にストレッチを取り入れる

・過緊張した状態を防ぐために日々のストレッチやセルフケアも忘れないように心がけることが大切
  

藤元大詩/Taishi Fujimoto
フリーランス パーソナルトレーナー兼アスレティックトレーナー 。数年間パーソナルトレーニングジムに所属して、延べ年間1300以上のパーソナルトレーニングセッションを担当し、多くのクライアントのカラダに対する不調や悩みの問題を解消する。腰椎椎間板ヘルニアや分離症、脊柱管狭窄症、半月板損傷や靭帯損傷などの膝のケガ、糖尿病の方など…一般の方をはじめ、高齢者やスポーツ選手、アスリートへのトレーニング指導も担当している。


https://fujimototaishi.com/

体幹を強化したい人が柔軟性を向上すべき理由のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ