NEW

武田真治が15年間続けている”宅トレ”ルーティーンとは?

【この記事のキーワード】

,

“宅トレ”への関心が高まっている昨今、スポーツ選手や芸能人が自宅でのトレーニングの様子をアップする機会も増え、多くの視聴者から注目が集まっている。筋肉キャラとして再ブレイクした俳優の武田真治も、自身の公式YouTubeチャンネル「武田真治のSHINJI TAKEDA」で、9月26日に「自宅の筋トレ部屋公開!武田真治のお家筋トレルーティン」という動画をアップ。15年間欠かさずに続けているという、宅トレのメニューを公開した。

 武田といえば同日夜に放送された『芸能界特技王決定戦 TEPPEN2020秋』(フジテレビ系)のベンチプレス大会で、芸能界の並み居る強豪を抑え見事優勝、ベンチプレス“てっぺん”の王座に輝いた。その強さの秘密がこの動画に隠されていた。

 自宅のトレーニングルームにあるのは、20年前に買ったというベンチプレスマシーン。30kg、50kg、70Kg、90kgを各10回ずつ行い、最後に30kgを100回やる、というのが武田がこの15年間、1日おきに週2、3回続けているメニューだという。

 最後に30kgを100回行っているのは、筋肥大が目的ではなく、根性を鍛えたくて自分に課しているのだ、と武田は語る。「ドラマの撮影など仕事への集中力を高めるため、集中力と持久力のある自分を確認して元気に玄関のドアを出ていくために、自分的には必要な運動」なのだそう。ゴリゴリのマッチョではなく、武田のようにキュッと締まった体を目指したい人は、軽量で締めに100回やるのが良いかもしれない。

 このメニューを60歳まで続けるのが目標だと話す武田。「(何歳から始めても)遅いということがない。そして平等に全ての人にチャンスを与えられているのがトレーニングだと思います」と動画を締めくくる。

 武田の美ボディと芸能界での活躍を支えているのは、長年継続してきたトレーニングとそれによって培われてきた精神の強さ。トレーニングの方法や目的は人それぞれ、効率を重視するのも良いが、体だけでなく心も鍛えなければ継続することができず、本当の意味で自分のためになるトレーニングにはならないのかもしれない。

武田真治が15年間続けている”宅トレ”ルーティーンとは?のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ