NEW

「筋トレ前の15分ウォーキング」はあまりおススメできないワケ

【この記事のキーワード】

, , ,

 ジムへ行くと、インストラクターさんに

「まず器具を使ってトレーニングする前に、15分くらい歩いて身体を温めてあげて下さいね〜」

とおすすめされることがあります。

 正直これは、私個人的にはおすすめできません。

 というより、「もったいない!」と言った方が語弊がないかもしれません。

 確かに、いきなり身体を動かすのは怪我のリスクがあります。

 ですが、15分程度のウォーキングや軽いランニングって、結構な有酸素運動になります。人によっては、キツく感じる方もいるでしょう。

 どうせ15分もやるなら、効果を最大限に得たいところです。

 有酸素運動は、【筋トレと筋トレの間】か【筋トレ後】がおすすめです。

 筋トレ中・後は大量の成長ホルモンが分泌されることで血糖値が上がり、脂肪が分解されやすい状態になります。

 ですので、同じ15分の有酸素運動を行うなら、筋トレ中・後がベストということになります。

 では、筋トレの前は何を行ったらいいのか、という話になりますが、私がおすすめしているのは、動的ストレッチ体幹トレーニング

 特に、ずっと同じフォームで行う体幹ではなく、動きながら身体を維持する体幹トレーニングは、関節を動かすこともでき、かつ身体をウォームアップさせることもできます。

 また、体幹トレーニングを事前に入れることで、筋トレ時に身体の中心を意識させながらトレーニングを進めやすくなるメリットもあります。

〇筋トレ前は動的ストレッチと体幹
〇筋トレ後は有酸素

 同じトレーニングを行うなら、少しでも効率よく効果を最大限に得られる方法、順番を選択していきましょう!

「筋トレ前の15分ウォーキング」はあまりおススメできないワケのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ