NEW

「中休み」を入れた方が脂肪は燃焼する!?

 

みなさん、こんにちは!

パーソナルトレーナーの坂口です。

 

体脂肪を減らすには運動20分以上

ダイエットを成功させるには、ウエートトレーニングと有酸素運動をバランスよく続けることが大切です。そしてダイエット本や健康系のテレビ番組などで伝えられているように、体脂肪を落とすことに直接働きかけるのは、有酸素運動です。運動生理学では、「運動によって体脂肪を落とすには、低~中強度のエアロビクス運動を長時間行う必要がある」といわれています。

「最大酸素摂取量の40%~60%の強度の運動を、一般人では最低20分以上、肥満の場合には45~60分持続すること」という指針が出されています。しかし、たとえ強度の低い有酸素運動、たとえば、ウォーキングやジョギングでも45~60分継続するのは容易ではありません。定期的に運動してこなかった人は、その時間を聞いただけでもダイエットを諦める人も多いのではないでしょうか。

 

運動持続より「中休み」

体内で脂肪を分解しエネルギーを得るには、酸素を用いて酸化するしかありません。つまり、運動によって直接体脂肪を減らすには有酸素運動が必要なのです。安静時のエネルギー源の約半分を脂質、残りの約半分を糖質が担っていますが、運動の強度が高まるとm糖質への依存度が高まります。さらに有酸素運動では、脂肪が分解され始めるまでに20分ほどかかるといわれています。つまり、あまりに強度が高すぎてもいけないし、あまりに短時間でも効果が期待できないのです。

 

Pick Up

「中休み」を入れた方が脂肪は燃焼する!?のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ