NEW

マシントレーニングでは背中は大きくならない。背中を鍛える方法とは。

こんにちは! 
「コンディショニングトレーナー」の熊田純一郎(くまだじゅんいちろう)です。


今回は「背中を大きくするためのポイント」についてです。

 

まず、「ラットプルダウン」や「ローイング系」

の種目だけをやっても、

背中の筋肉は大きくなりにくいです。

 


背中の筋肉(広背筋、僧帽筋)を大きくするのに、

特に大事なのは、身体の中心にある『脊柱起立筋』です。


つまり、

身体の芯が安定していることがポイントです。


「脊柱起立筋」は「広背筋」や「僧帽筋」の内側についている筋肉なので、

ここがしっかりすることで、

その周りにある筋肉は、より大きな力を発揮することができます。

 


つまり、脊柱起立筋が安定していれば、広背筋や、僧帽筋が発達しやすくなります。

 


ちなみに、

脊柱起立筋とは正式にはそのような名前の筋肉はなくて、

「棘筋、最長筋、腸肋筋」と言う3つの筋肉で構成された筋肉です。

 


そして、これらの筋肉を安定させるためにおススメのトレーニングは、

「バードドック系」と「デットリフト」です。


まず、「デットリフト」の前に準備運動として、

「バードドック」で脊柱をニュートラルポジションでコントロールする練習をしましょう。

 

 

そして、次にデットリフトで脊柱起立筋を強化することができれば、

体の芯のコントロールと安定を手に入れることができます。


このような種目で体の芯を安定させずに、

「マシントレーニング」で「ラットプルダウン」や「ローイング系」の種目を、

一生懸命やったとしても、

脊柱はグラグラした状態なので、広背筋や僧帽筋は効率よく力を発揮することはできません。


なので、

背中を効率よく大きくするためには、

脊柱起立筋の『コントロール』と『強化』が重要になります。

 

コントロールの部分は、

鏡を見ながら背骨がまっすぐの状態でコントロールできているのか確認しながらやってみると良いです。

 

そして、

自分のイメージ通りに脊柱をコントロールできるようになったら、

デットリフトで筋力強化をしていきましょう。

 

 

パーソナルトレーニング受付中です‼
学術的なトレーニングをしてみたい方!
下記ホームページより、体験トレーニングにお申し込みお待ちしております。(^^)/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【パーソナルトレーニングお問い合わせはこちら】

●『base BODY CONDITIONING』
https://peraichi.com/landing_pages/view/basebody9

●【Instagram】
https://www.instagram.com/kumada_junichirou

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Pick Up

マシントレーニングでは背中は大きくならない。背中を鍛える方法とは。のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ