NEW

トレーニングをしない日は、軽い散歩を!

 

みなさん、こんにちは!

パーソナルトレーナーの坂口です。

平日に週2回の頻度で筋トレを取り入れたとし、残りの5日間のフリータイムをどう過ごすか。これは、カラダのコンディションを整えるという意味で、とても重要なポイントになります。

毎日多忙なスケジュールをこなし、さらに筋トレを行っているのだから、トレーニングしない日はひたすらカラダを休めたいという気持ちはわかります。しかし、それが逆効果になることもあるのです。

休日はじっとしているのではなく、あえてストレッチや散歩なその軽い運動を行ったり、家事や趣味でカラダを動かす。これをアクティブレストといいます。日本語では「積極的休養」と呼ばれています。これは、スポーツの世界ではよく知られている経験則です。その目的はカラダを動かすことで血行を促し、筋肉に溜まった代謝物を血液に流すということです。だらだらカラダを休めているより、その方が疲労が早くが回復することが分かってます。

実際、アスリートたちはこの手法を取り入れています。ランナーであれば、フルマラソンのレース翌日、完全休養するのではなく、軽いジョギングで疲れた筋肉をほぐすといったようです。

日頃からデスクワークに従事しているビジネスパーソンならなおさらです。農業や林業といった第一次産業に従事している人なら、休日はしっかりカラダを休める必要があります。

一度狂った体内リズムを整えるためには、最低でも2~3日はかかるので、週の前半リセットのための無駄な労力がかかるというわけです。

Pick Up

トレーニングをしない日は、軽い散歩を!のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ