NEW

筋トレ民は控えたほうがいい食べ物・飲み物

【この記事のキーワード】

 今日は、筋肉のためにできれば控えた方がいい食べ物、飲み物について触れていきたいと思います。

 

1.白砂糖 (疲労の原因になりかねない?)

 なぜ白砂糖がNGかと言うと、GI値(グリセミック・インデックス【Glycemic Index】の略で、食後血糖値の上昇度を示す指数のこと)が高い食べ物を摂取すると、血糖値が急激に高くなるため、太りやすくなったり、疲れやすくなると言われています。

 白砂糖は、高血糖値の代表のような食物なので、控えることを意識すると良いと思います。

 

2.食品添加物

 これは、肝臓へのダメージが大きくなります。

 私見ですが、滅多に食べないお菓子などを口にすると、急に排泄の調子が悪くなったり、硬くなっているようにう感じる事があります。

 甘味料・香料・保存料・酸化防止剤・着色料などは、筋肉の修復を送らせてしまう可能性が高くなりますから、出来るだけ控えた方が良いでしょう。

 

3.アルコール

 一番の理由は、筋肉を作る働きを少なくさせてしまう点にあります。また、疲労回復を遅らせたり、脂肪がつきやすくなってしまう可能性もあります。

 できるだけ控えめに、と言うよりは1日に1杯くらいまでにしておくと良いかと思います。

***

 それぞれ、最初は意識する事が少しストレスに感じるかもしれませんが、慣れてしまえば、身体が勝手に欲するものと、拒否するものを選別してくれるようになります。

 私は、食べるためにトレーニングをしている、と言っても過言ではありません(笑)。

 せっかく自分の身体を痛めつけたトレーニングの効果を、無駄にせずに美味しく食事をするためにも、食事にも少し気をつけてトレーニング効果を効率良く得られるよにしていければと思います。

筋トレ民は控えたほうがいい食べ物・飲み物のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ