NEW

同じ腹筋でも、これを意識すれば下っ腹に効く!

【この記事のキーワード】

, ,

 腹筋をトレーニングメニューに取り入れている方は、「ぽっこりお腹を凹ませたい!」という目的を持っておられる方が多いと思います。

 私もそうですが、腹筋を継続して続けていて、「お腹は割れてきたけど、上側だけで下側の腹筋はなかなか割れてこない」と悩んでいる方が多いのではないでしょうか?

「動かしている部分の筋肉が鍛えられる」という原理は鉄則ですから、もしそういった悩みがある方は、上側の腹筋ばかり使って上体を起こしたり、エクササイズを行っている可能性が高いです。

 では、どうすれば下腹部を有効に鍛える事ができるのか?

 簡単に意識できるポイントは

【おヘソをのぞき込む】

 です。

 腹筋動作で上体を起こしたり、腹筋を縮める際におへそを覗き込むように意識するだけでより下腹部に効かせる事ができるようになります。

 そして、なるべく大きな可動域を確保したいので、可能であればバランスボールなどに乗って、上体を一度大きく開き、そこから腹筋運動を行うと、全体(特に下腹部)に効いてきます。

 これは、アブローラー(通称コロコロ)を行っている時も同様です。

 大きくお腹を開いて、できるところまで縮める。

 そして、呼吸を止めないようにする。

 当たり前で、簡単なことのようですが、毎回これを意識して丁寧に腹筋を行っていくことで、徐々に下腹部が変わってくるはずです。

 綺麗なシックスパックを作るために、ボディラインが見える洋服を着こなすために、ぜひ下腹部を意識した腹筋を!

同じ腹筋でも、これを意識すれば下っ腹に効く!のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ