NEW

左右バランスの大切さ

Photo by Gustavo Torres on Unsplash

 トレーニングをする上で大切なポイントの一つとして、左右のバランス、均一性があります。

 片側だけに偏った筋肉がついてしまうと、日常生活の中でも左右差が出てきてしまいます。

 最初はほんの少しのずれですが、たとえば歩くフォームなど、その積み重ねが大ダメージとして返ってきてしまう可能性があります。

「足首を捻挫して、その痛みを庇うように歩いていたら、いつの間にか逆足のひざが痛むようになってきた」などの例はよくあることです。

 左右片方ずつしかできないエクササイズは、「右をやったら左」「今回は左からスタート」など、とにかく左右のバランスは意識しておいて間違いはないと思います。

 また、トレーナーに身体を詳しくチェックしてもらっていて、現在バランスが崩れていることを認識している方は、整えるためにも、あえて足りない方のレップ数や重さを上げてトレーニングしていくのもいいと思います。

 ランニングやウォーキングのフォームも一緒です。

 特にランニングは人によって走りやすいフォームがあり、それが左右均等でない場合が結構あります。

 そのような場合は、例えばクロストレーナーと呼ばれる、手足の動きがオートマティックにコントロールされる有酸素運動を取り入れるのも有効です。

  左右バランスを整えながら、有酸素トレーニングを行うにはとても良いマシンです。

 ただ、反強制的に肩甲骨や腕を動かすことになりますので、初めて使用される方は、まずは短めに行ってご自分に合うかどうか試してみて下さい。

 また、エアロバイクなども、足の回転は均一性がとれる有酸素運動になります。

 最後にもう一つ、左右のバランスを整える上でもおすすめなのが、ヨガです。

 骨や内臓の位置を正しいポジションに戻そうとしてくれます。

 レッスンの内容にもよりますが、身体のどこが硬いか、どっちの方が柔軟性があるのか、など自分の身体についてより詳しく知る機会にもなります。

 ご自分の身体について、気付かなかったこと、思わぬ発見もあるかもしれません。

 ぜひ左右のバランスを意識しながら、トレーニングを進めてみて下さい!

左右バランスの大切さのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ