NEW

ヨガとピラティス、ダイエットにおすすめはどっち?

【この記事のキーワード】

, , ,

 先日、身体の左右バランスを整えるため、自分の体を知るためにもヨガをおすすめしましたが、今日はヨガとピラティスの違いについて触れてみたいと思います。

 フィットネスクラブに行くと、だいたいヨガとピラティス、どちらのレッスンも準備されていますよね。 

 レッスンを受けている方は

・柔軟性を養いたい
・体幹を鍛えたい
・自分の身体を知りたい
・一日の疲れを癒やしたい

などなど、目的は様々だと思います。

 では、「ダイエットをする上で、どちらがより効果的なのか」という観点からヨガとピラティスを比べてみたいと思います。

  まずは、ヨガとピラティスのレッスンを受けたときの、カロリー消費から(一般女性が1時間行った場合)。

ピラティス 170カロリー
ヨガ    140カロリー

という違いがあるようです。

 テンポよくポーズをとっていくピラティスの方が、ゆっくりとした動作のヨガと比べて、30カロリーも消費カロリー差があるようです。

 次に、目的別に見ていきましょう。

【ピラティス】

・リハビリ
・体幹強化(インナーマッスル)
・姿勢改善
・怪我の予防

 
【ヨガ】
・リラックス効果
・心と身体のバランスを整える
・治療(インド)
・身体の歪みの矯正

 一見、似たような動き、エクササイズに見えますが、こう見てみるとかなりの違いがあることがわかります。

 結論としては、ダイエットを目的として行う場合は、ピラティスがおすすめということになります。

 コアの筋肉であるインナーマッスルを鍛えながら引き締め効果で、メリハリのある身体を作りながら、姿勢を正し内臓も正しいポジションに戻していきながら、カロリーを消費できる効果が期待できます。

トレーニングならピラティス!
リラックスならヨガ!

といったイメージでしょうか。

 ぜひ参考に、エクササイズを選択、トレーニングプランに取り入れてみて下さい。

Pick Up

ヨガとピラティス、ダイエットにおすすめはどっち?のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ