NEW

負荷をかけるライイング種目

 

みなさん、こんにちは!

パーソナルトレーナーの坂口です。

三角筋は3つの部位を別の筋肉と考える

肩関節を覆う三角筋は、ひとつの筋肉でありながら、前部(鎖骨部)中部(肩峰部)・後部(肩甲棘部)で筋線維の方向が異なり、それぞれ働きも異なる。

三角筋の前部は、主に肩関節筋屈曲や肩関節水平内転の動きに働く。3部位の中で体積が最も大きい中部は、主に肩関節外転の動きに働く。後部は、背中の広背筋とともに肩関節伸展、肩関節水平外転の動きなどに働く。

ひとつの動きで三角筋全体を鍛えることは難しいため、三角筋の筋肥大を目指す人は、各部位ごとに異なる動きに種目でトレーニングする必要があります。

 

三角筋を伸ばした状態で負荷をかける種目

筋肉は、筋線維が強くストレッチした状態で負荷をかけると、筋肥大を誘発する筋損傷を得やすい。しかし、三角筋の前部を鍛えるフロントレイズや、三角筋の中部を鍛えるサイドレイズのように、立って行う肩種目は、腕を下ろした状態からスタートするため、三角筋を強くストレッチすることができず、スタートポジションの負荷も弱いという欠点がある。しかし、寝て行う肩種目は、三角筋をストレッチした状態で、強い負荷がかけられる。肩関節動作および三角筋の強化には、寝て行う種目も取り入れましょ

う。

~寝て行う肩種目で三角筋を強く刺激する~

リバースベンチプレス

ベンチに寝ると、肩関節を伸展して腕を下しても、負荷が抜けなくなる。スタートポジションでは、三角筋の前部をストレッチした状態で、強い負荷をかけられる。

 

Pick Up

負荷をかけるライイング種目のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ