NEW

ベルトを締める効果とは?

 

みなさん、こんにちは!

パーソナルトレーナーの坂口です。

高負荷の筋トレにおける腰痛予防の必需品

バーベルスクワットデッドリフトのように、脊柱に大きな負荷がかかる種目は、腰を痛める危険があるため、高重量で行う場合、ベルト(パワーベルトともよびます)を腰に巻いて行う腰痛予防になります。

ベルトを巻くことで、腹腔内圧(腹圧)の上昇がサポートされ、ベルトを巻かないで行うよりも、体幹がしっかり固定されます。腹腔内圧が上昇した腹腔は、胸郭下部の横隔膜を下から押し上げ、体幹伸展トルクを発揮。副腔が胸郭および肋骨を持ち上げることで脊柱が伸展し、脊柱起立筋の働きを補助する。

ただし、ベルトを巻く効果を得るためには、ベルトはかなりきつく締める必要があります。ベルトを巻くときは、お腹を引っ込めた状態で、できる限り強い力で引っ張って締めるのがポイント。また、骨盤は前下がりになっているため、水平に巻くとベルトが骨盤に当たって痛みを感じる。ベルトは水平に巻くのではなく、お腹側をやや下げて斜めに巻くと良い。

 

太いベルトを巻く方が副腔内圧は高まる

フリーウエストスペースのあるジムでは、施設利用者が使えるベルトを備えている場合も多いが、自分のベルトを持参する人も少なくはない。

ベルトを購入する場合は、なるべく幅の太いタイプのベルトを選ぶことが大切。ベルトが太いほど、副腔内圧が高まり、体幹がしっかり固定される。

 

ベルトを締める効果とは?のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ