NEW

肩の後部(リア)に効かせる意識

【この記事のキーワード】

, ,

みなさん、こんにちわ!

パーソナルトレーナーの藤原悠貴です。

今日は肩の後部に効かせるための意識について記事を書いていきます。

まずは肩の後部の作用を理解

タイトルにもある通り、肩の後部の意識を伝える前に作用を理解する必要があります。作用としては

1. 肩関節伸展 2. 肩関節水平外転 3. 肩関節外旋

の3つがあります。1と2については広背筋と同じ作用になるため、肩の後部は背中のトレーニングの際に補助的に働く事が分かります。

注目すべきは”肩関節外旋”

先ほども申し上げましたが、肩の後部は広背筋の補助で働くわけですが、注目して頂きたいのは肩関節の外旋!

広背筋は内旋作用は持っていますが外旋作用は持っていません。

肩の後部を意識するポイントは2つ!!

上記の事を踏まえて肩の後部に効かせるための意識は2つです!!

1つは、広背筋の関与をなくす事

肩甲骨を外転させて胸椎を屈曲させる。広背筋は肩甲骨を下制して胸椎を伸展した状態から肩関節の伸展や水平外転をすると主に働くため、それを防ぐ事が大事になってきます。

もう1つは、外旋の動きを加える事

伸展や水平外転に外旋を加えて動作を行う。さらに肩の後部特有の作用である外旋の動きを加えてより収縮を掛けていく事が出来ます。

この2つを意識してもらうだけで肩の後部への刺激が段違いに変わってきます!!是非試してみてください。

最後に…

肩の後部はボディメイクの観点では丸みを帯びた肩を作るためには欠かせません。

サイドの張り出しやフロントの盛り上がりだけではカッコイイ肩は作れないのです。しっかりと鍛えていきましょう!!

本日の記事は以上となります。最後まで読んで頂きあいがとうございました!

Pick Up

肩の後部(リア)に効かせる意識のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ