NEW

『しくじり先生』でAYAが激白! ストイック過ぎて7年間彼氏なし?  たどり着いた真の強さとは?

【この記事のキーワード】






この投稿をInstagramで見る

短縮バージョンですがどうぞ😊 当初始まったAYAの姿は本当です。しかし、やればやる程どんどんメディアが求めるAYAのキャラに応えていってしまったあげくエスカレートして「AYAのイメージ」が一人歩きしてしまいいつの事か苦しくなってきてしまいました。 超人AYA、強靭AYA…. AYAはAYAなのにイメージって何だろう… みんなが思うほど私は本当は強くないのに。 ここでの私の教訓は「 #自分の弱さをさらけ出せる心の強さを持とう 」です。強さって色んな意味の強さがある。 弱さを見せる事も1つの強さだと気付けました。 何事も全力で挑むスタンスはAYAの原点なのでそこは絶対ですが、これからはもっと「人間臭さ」を出していこうと思います。 いつも温かい応援本当にありがとうございます😊

Aya_Official(@aya_fitness)がシェアした投稿 –

 クロスフィットネスの超一流トレーナーとして活躍中のAYAが10月13日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな‼︎』(テレビ朝日系)に登場。ストイックに追い込み過ぎた果てに気付いた、自らのしくじり恋愛を激白した。

 2013年にクロスフィットトレーナーになり、中村アンや仲里依紗など数々の著名人の美ボディを作り上げてきたAYA。トレーニング中のドSっぷりも話題となり、さまざまなメディアに引っ張りだこの彼女だが、実はクロスフィットトレーナーになってから現在に至るまでの7年間、ずっと彼氏がいないのだと告白した。「トレーナーの鑑でいなければならない」「男女平等に指導しなくてはならない」と考えるあまりに、ついていきたいと思えるようなトレーナーでいるために、ストイックになり過ぎて異性と向き合えなくなってしまったのだという。そして「ストイックなAYAでいることに疲れた」との本音も飛び出した。

 番組ではAYAのプロフィールを紹介。もともと体育教師になるのが夢で体育大学に入学したAYAだったが、在学中にスカウトされ、モデルとしてデビューすることに。当時は腕立てはおろか懸垂すら1回もできないヘナチョコ女子だったのだそう。28歳の時にアメリカの女性モデルを見て「女の子でもこんなに筋肉をつけていいんだ」と知り、クロスフィットネスのトレーニングを開始、トレーナーとしての道を歩き始めた。

 まだまだトレーニングは男性のもの、というイメージが強かった当時、男性トレーナーに負けたくないという強い思いから、「誰にも負けないくらいバッキバキになってやる!」と食事もトレーニングもどんどんストイックになっていったという。トレーニング漬けの日々のなかで、男性に食事に誘われることも、(先生ではなく)女子として見られている=トレーナーとして舐められていると感じてしまい、「私の筋肉が中途半端だから舐められるんだ」と思い、すべての誘いを断ってさらにハードなトレーニングを課して自分を追い込んだそう。

 そうして今のようなバキバキの体に仕上がった頃、ある衝撃の事実を知ったとAYAはいう。それは「男はみんなこじはるみたいなマシュマロボディが好き」ということ。

 そこで、生徒役の平成ノブシコブシ・吉村崇から「先生、モテたいですか?」とのストレートな質問。思わず「モテたいですよ!」と本音を漏らし、普段の厳しい表情を崩し笑顔を見せたAYAに、オードリーの若林正恭やハライチの澤部佑らも思わず「今のめちゃくちゃ可愛い」と絶賛するシーンも。

 AYAは2017年頃から数々のメディアに取り上げられるようになり、”ドSキャラのストイックマッスルモンスター”というイメージが出来上がってしまった。そして本人も、そのイメージを保つためにさらにハードなトレーニング、ストイックなスケジュールになっていったという。

 18年にはトレーナーとしてだけではなく、体を張った企画のオファーが急増。SASUKEの女性版『KUNOICHI』(TBS系)に出演、活躍するが、2回目の出演では本命扱いのプレッシャーから体が動かなくなり、1回戦で敗退してしまった。放送後、彼女のSNSには「鍛えている意味がない」「使えない体」などの辛辣な言葉が寄せられ、バッシングの嵐だったという。それでメンタルもズタボロになってしまったこと、さらには本業とは関係ない無茶ぶり企画のオファーが増えたこともあり、「もうストイックなAYAのイメージは嫌だ」という心境になったのだという。

 そこで番組ではAYAの素顔を探るため、彼女の願望を公開。

・ピンクのドレスを着て、男性に甘えてみたい
・原宿でクレープを食べたい
・ケーキバイキングで思いきり食べたい
・タピオカ食べてみたい
・大浴場タイプのお風呂に入ってみたい

 どれも、普通の女子が簡単にやっている事ばかり。ストイック過ぎて自分のイメージを壊さないよう頑張り過ぎてしまい、自ら遠ざけてしまったようだ。そんなAYAも最近では「本当は周囲の目を気にせずに暮らしたい」「男性ともお付き合いしてみたい」と心の底から思えるようになったのだという。

 番組の最後、AYAは周りの目を気にして、求められるキャラを演じてしまっているすべての女性に、自らのしくじりから得た以下の教訓を示した。

「自分の弱さをさらけ出せる、心の強さを持とう」

 弱さを見せることも強さだと気づき、この教訓に達したのだという。鍛え上げられた美しい肉体と、ストイックに追い込み続ける彼女のかっこいい姿に憧れる女性は多いが、今後は真の強さを知って更なる飛躍を遂げる彼女を見ることができそうだ。そして彼女の願望はすぐにでも叶えて欲しいと心から願うばかりである。

Pick Up

『しくじり先生』でAYAが激白! ストイック過ぎて7年間彼氏なし?  たどり着いた真の強さとは?のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ