NEW

腰が痛いからという理由でスミスや、レッグプレスを使ってはいけない理由!

『スクワットは腰が痛くて追い込めないけどスミスやレッグプレスが腰が痛くないから追い込めるんですよね〜』 そんな声をよく聞きます。

 

どうも!パーソナルコンディショニングトレーナーの

曽根田 健一(そねだ けんいち)です〜(^ ^)

 

レッグプレスや、スミスなどのマシーンって凄いすよね〜

痛みがあってもあの手この手で追い込めますからね〜

ただ僕が最近通っているジムではトレーニング歴10年20年の人がゴロゴロいますが

体は岩のようにデカいですが、

・靴下は椅子がないと履けなかったり、

・歩行時に跛行がみられたり

・ベルトがないと追い込めなかったり

・太い脚でも変形性膝関節症の症状が見受けられたり、、

 

どうやら

マッチョ=健康  でもなさそうです。

 

もちろん体の機能や、慢性痛だとしても身体を大きくした人にはとても

幸せな事でしょう。

 

しかし健康>肉体美という方にとっては

機能不全のままマシーンを使って追い込むのはオススメしません。

より慢性痛が長引きます!

 

スクワットで腰に痛みを抱える方の殆どが

骨盤、脊柱、肩甲骨のコントロールに問題があることが多いです。

それをマシーンで追い込むことは確かに骨盤、脊柱、肩甲骨関与が減る為

痛みは軽減できます。

 

しかし体は脚力のみ強くなりますが、体をコントロールする能力は全く鍛えられません。

つまり重いものを持ったとき脚は楽々体を支えられますが、その他の関節がコントロールできずに体に負担をかけてしまいます。

 

詰まるところ

身体の健康的な機能はフリーウェイトや自重により鍛えられます!

痛みがあるからといって無理して追い込まなくても

焦らず骨盤、脊柱、肩甲骨のコントロールする力を鍛えられれば停滞も痛みも乗り越えられるはずです。

痛みがある中無理やりマシーンを使って筋トレすると筋肥大はするかもしれませんが、

筋バランスが崩れます!

 

もし長年スクワットやデッドリフトに伸び悩んでいる方は是非基礎の部分から

トレーニングしてみませんか(^-^)/ !?

 

それでは本日も素敵な1日をお過ごしください〜♪

曽根田 健一 

IG: @KENSONE817


池袋・赤坂にてパーソナルトレーニング受付中です‼

学術的なトレーニングをしてみたい方!

下記ホームページより、体験トレーニングにお申し込みお待ちしております。(^^)/

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【パーソナルトレーニングお問い合わせはこちら】

『base BODY CONDITIONING』

https://peraichi.com/landing_pages/view/basebody9 

【INSTARGRAM】

https://instagram.com/kensone817?igshid=85lokn0yt467

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Pick Up

腰が痛いからという理由でスミスや、レッグプレスを使ってはいけない理由!のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ